STRAIGHTWALL

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳴神山

<<   作成日時 : 2017/12/06 06:20   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


画像前夜の雨、しかし朝から快晴の予報だったので、霧の発生が予測されたが、まさにその通りになった。
町は早朝から濃霧に包まれ、車を走らせるのをためらった。霧が晴れて、9月以来の鳴神山に出かけた。


画像明るい登山道も晩秋の色濃く、足元は落ち葉でいっぱいだ。


画像しばらくすると、沢状の岩ゴロの道を登るようになる。


画像すっかり東南尾根が気に入ってしまったので、途中から尾根に取り付く。


画像痩せた岩尾根だが、岩の一つひとつは小さく難なく越えて行く。


画像ひと登りすると、尾根上の小広い台地に出る。ピンクテープが人の通行を教えてくれる。


画像急斜面は大岩に沿って左手の三角岩を目指し、斜上する。


画像二本の松の木と大きな岩がルートの目印。


画像疎林のピークに出ると日光方面の山がようやく見える。


画像ここから稜線上の先のピークを目指す。


画像踏み跡も明瞭になり、藪尾根も終盤。


画像視界が開けて、筑波山がきれいだ。


画像再び藪のルートになるが、山頂は近づいて来る。


画像傾斜が緩み、ひょっこりと山頂に出る。


画像いつの間にか、山頂の赤い鳥居は灰色に変わっていた。


画像日光連山・皇海山・袈裟丸山らがよく見える。白根山は相変わらず見えない。


画像武尊山は谷川岳とは違って、まだまだ雪の量が少ない。


画像浅間山は吹雪いているようだ。


画像山頂を辞し、第一見晴台からは赤城山が大きい。


画像椚田峠も様変わりした。大きな木が切られてしまった。


画像下山は流れのある沢沿いの道を行く。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
順調に足腰を鍛えておられますね!
今朝の霧はかなり濃くてビックリでした!
山手の方だともっと見えなかったのでしょうね?
宮星
2017/12/06 18:09
宮星さん、絶対晴れるのは分かっていたので早朝から登れば
山頂から霧に包まれた街並みが見えたかもしれません。
ゆっくり出かけましたから、途中で霧は晴れてしまいました。
argo
2017/12/06 18:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳴神山 STRAIGHTWALL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる