朝めし前

画像
強い冬型になってきた。山は勿論、山沿いも雪雲に覆われることだろう。関東平野は冬型のとき、大方晴れるが、山沿いの地域には雪が舞ったりもする。

今夜は晴れると踏んで遠征したところ、雪雲が次々と飛んできて断念したことが何度あったろうか。戦場ヶ原でも頭上は晴れていながら、雪が降っていたなんてことはしょっちゅうである。

奥白根山の雪の多さに比べて、男体山の少なさは戦場ヶ原を境に天気の具合が大きく異なることを意味している。天文活動は、天気とのかかわりがとても大きいので、正しい認識を持って対処しないと無駄足を運ぶこともままある。

月の沈むのが15日で04時30分ころ、ヘルクレス座の出を考えると月明を完全に避けられるのはこの日までだろうか、そんなことを考えながら月曜日以来のラブジョイ彗星を見に行って来た。

目覚まし時計が電池切れで止まっていて、危うかったが、行くぞと思っているときは自然に目が覚める。03時20分出発。約1時間で撮影ポイント到着。機材のセッティングは04時30分で合わせる。

今日も肉眼では、どうやっても見えない。しかし5cm7倍の双眼鏡では、先回と変わらずスッとした尾が伸びて見事な彗星である。今日はピント合わせを少し慎重に行い撮影開始。撮影中にシカかタヌキか、動物が近づいてくる。自動でエンジンがかかり、気配は消えた。8コマ撮って終了、そして撤収。

その間にあたりを照らすほどの大流星が飛んだ。そういえば、今夜は双子座流星群の極大である。月明があって、ちょっと興醒め。山を下りてくると、土星とそれから北の方からはヴェガが昇ってくるのが見えた。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック