賀状書き

画像
作ったはいいが、なかなか書く気が起きずそのままになっていた年賀状を書き始めた。

といっても、最近はその年の出来事を写真で綴っているので、書くべきスペースもかなり小さい。だから、殆ど宛名書きである。

年賀状ほど嫌なものはない、くらいに思っていたが、送られてくれば返さねばならないと毎年三賀日には死ぬ思いで書いていた。しかし、ここ数年は開き直って年内に出すようにしている。

ただし、前述のように月ごとの印象を写真で並べ、両面をプリンターで印刷、カラフルにこの一年何をやってきたかわかるようにしてあるので、改めてコメント欄も作らない。

こんなものでも、無事に生きているという報告と、年初の挨拶というくらいの役目は果たされていると思えば、年に一度のこういった作業もそれなりの意義もある。

かつて父が、忙しい日々の合間に11月から長きに渡って筆書きの年賀状を書いていたが、毎年ご苦労なことだと思っていた。人それぞれの捉え方でいいのだと思うが、結局いつになっても年賀状の慣習が消えないのにはやはり意義を感じている人が多いことを示している。

PCとプリンターを用いれば、自分で好きなようにレイアウトしたオリジナル年賀状ができるので、便利であると同時に楽しい時代であることを感じる。これから数日間、少しずつやればたいした負担ではない。楽しくやろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック