つごもり

画像
数字には奇数と偶数がある。どちらかというと、偶数のほうが安心できる。奇数は鋭さを感じ、偶数は優しさを感じるからだ。

悪いけれど2013年は奇数なので、できれば早く終わってもらって、偶数である2014年を心待ちにしていた。

ところが2013という数字、一見素数にも見える奇数だが2・0・1・3を加えると6になり、3の倍数であることがワカル。つまり案外優れた数字なのだ。

それに反して2014という数字は、偶数であるというだけで、他に割り切れる数がない。つまらない数字である。

しかしどういうわけか、2014という数字は、安心感を感じる良い数字である。だから、あと1日でやってくる2014年がとても楽しみである。


12月に入って6回の忘年会、去年より少なかったが、今日で締めくくった。卒業生との歓談は懐かしさとともに、若い力を分けてもらえるようで楽しい。

別に分けてもらうほど老いぼれてはいないが、仕事のことやこれからのことなど、未知数なことが多い未来を見つめている姿に若さを感じ、また羨ましく思う日々であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック