壊れた・・

画像
先日の阿弥陀岳の帰り、まもなく林道に出るというところで、靴が壊れた。ビブラムが剥がれてしまったのだ。細引きで靴を縛り応急処置を施したが、下山して確認してみるともう一方も剥がれる一歩手前であった。

靴は99年12月に購入したハンワグ製のガルーサ革を使用したANNAPURNA GTXという当時の登山靴では一級品で、冬山オンリーで使っていた。しかし、14年目ともなると知らず知らず劣化が進んでいたのだろう。早速、修理に出さねばならなくなった。

先日の阿弥陀岳では靴下を一枚に変えたせいで、歩き出してすぐに靴擦れを起こした。足入れの良い靴であったので、確認もせず使用したのだが、登山活動で最も重要な靴をしっかり見ておかなかったことは大きな反省点である。足がやられたら、歩けない。

アイゼンを取り付けたあとも、歩くたびに調子が悪く、歩行のスピードは極端に落ちた。靴が壊れたこととは関係ないと思うが、今後も靴に関しては十分注意を払って行きたい。これで常用の靴と合わせて修理に出てしまい、しばらく登山靴が使えないことになった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック