彗星の世界

依頼を受けていた『彗星』の話を無事行った。終わった後のアンケートを見ると、こちらの意図したことが概ね伝わったようで嬉しかった。 結局天文の難しさは、理屈の難しさもさることながら、よく見えない対象を見て楽しもう、というところにある。しかし、だからこそいろいろな工夫や意気込みを持って対処していくと面白みが分かってくる。 ただ天文活動は、単なる遊びではなく科学であることの意味も大き…

続きを読む

賀状書き

作ったはいいが、なかなか書く気が起きずそのままになっていた年賀状を書き始めた。 といっても、最近はその年の出来事を写真で綴っているので、書くべきスペースもかなり小さい。だから、殆ど宛名書きである。 年賀状ほど嫌なものはない、くらいに思っていたが、送られてくれば返さねばならないと毎年三賀日には死ぬ思いで書いていた。しかし、ここ数年は開き直って年内に出すようにしている。 ただし、前…

続きを読む

雨脚が強くなってきた

いつの間にか、夕方暗くなるのが遅くなってきた。夜明けは相変わらずまだ早まってはいないから、夜の長さは冬至までは長くなるが、暗くなるのが遅れてくると何となく日が延びてきたような気がする。 昨日からの天気の崩れは明日も続くようで、先日の赤薙山も積雪が進むだろう。今度はアサイチで登り、雪が軽いうちに滑降を楽しみたい。 先に出してあった常用の登山靴が戻ってきた。もともとの靴をビブラムとミッド…

続きを読む

コラボ

『ルパンVSコナン』を観てきたが、眠くて大部分寝てしまった。狙いは面白いが、的が絞れずついて行けない。八ッピーエンドらしいが、よく分からないで終わった。 詰め込みすぎだ。それぞれが独立していて十分楽しめるのであるから、一緒にしてしまうメリットはない。 今年は全部で43本の映画を観た。タイトルから思い出そうとしても内容を思い出せないものもあるが、今年一番は『奇跡のリンゴ』に決定。二番は…

続きを読む

シーズンイン

昨日までの寒波で、奥日光にもずいぶん雪が降った。そのおこぼれが霧降・赤薙山にも回ってきた。11月に一度白くなったが、数日後には元に戻っていた。今度は大丈夫だろう。 11月の立山を逃したので、初滑りが遅くなってしまった。天空回廊を登りキスゲ平に出たところから、スキーを履いた。朝陽に照らされた雪面を見ると、懐かしい感触にテンションが上がった。 いつものようにルート取りをして焼石金剛に出る…

続きを読む

ラブジョイの尾

風の音で目が覚めた。ラブジョイには間に合う時間だったので、カメラを携え羽毛服に身を固めて天文台に上った。 北極星が明るく見えた。透明度が素晴らしい。目盛を読んで彗星を導入すると、5cmのファインダーでも核がとても明るく見えた。 Or30㎜70倍で核を見ると、広がったコマが美しい。尾は短くしか見えない。カメラをセットして、ピントを出す。風は強いが、ドームが風除けになっているので何の支障…

続きを読む

新車導入

10年乗ったデミオを出すことにした。ETCをつけてからは、よく遠出もした。冬もスタッドレスを履き、山スキーの足として、頑張ってくれた。 不運が続き、相手側からの一方的なミスでフロントバンパーは3回交換した。不具合もいろいろ起きたが、おおむね良好に活躍してくれた。 燃費の悪さが致命的になり、ガタも来たところで買い替えとなった。今年は2台目の愛車手放しということになるが、少なからず愛着を…

続きを読む

ラブジョイ頭部

長く使っていた目覚まし時計が壊れた。昨日も時計が止まっていて、危うく寝過ごすところだったが、電池の消耗ではなく時計そのものの寿命だった。 気がついたときは05時を回っており焦ったが、今日は自宅30cmで彗星頭部を狙ってみた。30cmあるとさすがにカメラのファインダーを覗いても、彗星本体が見える。 6等台だから十分明るい。しかし、肉眼では分からない。今朝も透明度は抜群で、星空は良く見え…

続きを読む

朝めし前

強い冬型になってきた。山は勿論、山沿いも雪雲に覆われることだろう。関東平野は冬型のとき、大方晴れるが、山沿いの地域には雪が舞ったりもする。 今夜は晴れると踏んで遠征したところ、雪雲が次々と飛んできて断念したことが何度あったろうか。戦場ヶ原でも頭上は晴れていながら、雪が降っていたなんてことはしょっちゅうである。 奥白根山の雪の多さに比べて、男体山の少なさは戦場ヶ原を境に天気の具合が大き…

続きを読む

年賀状を作る

12月も半ば近く、来年用の年賀状を作った。何年か前から、前年の出来事を写真にプリントして賀状としているが、去年から毎月の印象を一枚ずつ載せてプリントしている。 しかし、一年を振り返ってみると実に様々なことをやってきたわけで、とても12コマでは現しきれない。それでも何とか納めようと検討した。 受け取った人たちが、なるほどね、こんなことやってきたんだ、とわかってもらえればいいかな、と思う…

続きを読む