新雪を求めて

画像
関東に大雪をもたらした低気圧が抜けるとまたまた良い天気になった。降った直後にアタックしたかったが、都合もあってそうは行かなかった。

画像
そのため、まっさらであるべき雪面も足跡がいっぱい、さらに雪質が妙に堅くなっていたり、パウダーだったりであまり好ましい状況ではなかった。

画像
また積雪は増えたものの、予想したほどの量がなく、まだまだブッシュが全部埋まるといったものではなかった。

画像
しかし、小丸山にはトレースができていたので、階段を敬遠しこれを使わせてもらった。とても快適で短時間で展望台まで登ることができた。

画像
スキーを履いてからはいつものようなコース取りで上部を目指すが、できるだけ登山道に沿うようなルートを選んだ。距離が短いからだ。

画像
焼石金剛の手前でトレースは消えていた。目指す三角バーンはまたまた綺麗に整地されていた。薙のヘリを登り分岐点から再び板を担ぐ。

画像
樹林の中の登りでは、吹き溜っているところでは難儀したが、概ね雪は締まっていて順調に登ることができた。

画像
上部の樹林の背丈が低くなるところでスキーをデポし、山頂へは空身で向かう。しかしここからは雪が深くなり、つぼ足もままならない。

画像
四つん這いになると体重が分散するためか、もぐらずに進めるところもあっていろいろ楽しみながら山頂を目指す。

画像
山頂は三角点も雪で埋まり、今シーズンで最も積雪が増えていた。また山頂からの男体山・女峰山の展望は素晴らしく、青空に映えていた。

画像
さてデポ地へ戻り、スキーを履く。疎林の大斜面を左にルートを取ながら下って行く。雪面はとても滑りにくい。アイスバーンさながらの斜面があったり、ふかっとした斜面もところどころにあって、とてもかっこ良くは滑れない。

画像
三角バーンも堅く締まっていて、ターンを決めることができず、スキーが流れてしまう。エッジを利かせる滑りが苦手なのがよく分かった。

画像
登り返して日陰の谷に入るとパウダーが続き気持ちがよい。ハープパイプのような谷にはパウダーが詰まっている。

画像
最後の小丸山の大斜面も堅く締まっていて、リズミカルなターンが決まらずいまひとつになった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック