困ったものだ・・

画像
ブログを書き始めて4年目になる。その日の出来事を日記的に書き留めておきたい、として始めたのであるから人に見せることを前提としていたわけではなかった。

だから初めのうちはURLも知らせた人は限られていた。ところが、暫くするうちにカウンターが気になり始めた。つまり、書いたものを何人かの人が読んでいる、という事実を知るのである。

これが意外に面白いことに気づく。そうなってくると、面識のない不特定多数の人に向けて書くような気分になってくる。人生のメモ書きとした、初めの理念が崩れてくるのだ。

多くのHPやblogが、読んでもらうことを前提としていることに対抗しているつもりだったが、アクセス数が増えてくると妙な快感を覚えるようになった。

しかもブログのランキングというのが、テーマ別に出ているのを去年知ったのだが、山と星に関しては発表されているランキングの結構上位にランクしているのである。おのずと、更にランクを上げたくなるのは人情というもの・・。

しかしそうなってくると、やたらにURLを教えたり、場合によっては気持ち玉をつけてね、と請求したりと、人に読んでもらいたいために書いているような感じでなんだか嫌らしい。

自分の醜い感情に気がつくと、嫌悪感を感じる。事実、見せようじゃないか、といって書いているのがブログのようでもあるし、その性格上仕方のないことにも思える。困ったものだ・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック