貸切の山

画像
天気図は晴天を約束していた。気温も上がりそうだし、そろそろ真冬の空気と入れ替わる時期になりそうな気配だった。

画像
駐車ポイントからすぐに除雪は終わっていた。林道のトレースの上にはうっすらと新雪が載っている。緩い傾斜の林道を歩きながら、耳をそばだてる。

画像
カシャッ・・、と木の上から落ちる雪の音が聞こえる。先日左足の中敷を少し削ったら、くるぶしの下が僅かに当たるようになり、スポーツ店に持ち込むと快く直してくれた。

画像
さすがにプロの仕事は違う。まったく快調に歩行できるようになった。次第に右手の沢の川床が上がってくる。注意しながら登って行くと、ピンクのテープが沢を渡るポイントを教えてくれた。

画像
これから向かう白銀の稜線が沢の奥に見えている。シールを利かせて台地に乗り上げると、地図上の等高線の開いた雪原に出た。

画像
左手の沢の向こうの急斜面にはさすがに雪崩の跡が見えている。しばらく檜の緩斜面の登りを続けて行くと、ブナの森に入っていく。次第に傾斜がでてくるがうまく山を回りこむようにして高度を稼いで行く。

画像
一段登ると再び棚のような岳樺の台地状の緩斜面になる。オブジェのようなブナの疎林を抜けていくうちに、傾斜が増し稜線が見えて来た。あそこまで頑張れば、疲れも吹き飛ぶ大展望が待っている。

画像
コース取りは、テープを見落とさぬように、消えかかっているトレースをはずさぬように注意を払って行く。尾根を大きく巻きながら高みを目指すうちに、樹林が切れて稜線に飛び出した。

画像
そこには息を飲むほどの景観が広がっていた。まばゆい光が雪面を照らし、また白銀の世界がようこそ、と招き入れてくれているようだった。

画像
ここからは真っ白な稜線歩き、否が応でも気分は最高潮。何度も立ち止まりながら、四方の風景をカメラに納める。出発してこれまで、他に登山者はなくまたその気配もない。完全な貸切状態だ。

画像
程なくしてピラミダルなピークが見えてきた。これが今日の目的地だ。東へ延びた雪庇は大したことはなく、上に載っても崩れそうにない。この上天気に珍しく喉も渇いてきた。

画像
雪壁化している頂上直下もシールのまま登り切ると、360度の大展望が広がった。その一角に腰を下ろして、この展望を満喫する。熱い紅茶にジャムバターのパンを頬張りながら、ゆっくり30分以上の山頂の憩いを楽しんだ。

画像
帰りは登りにチェックしておいた斜面を戴く。ノートラックのバーンがそこいらじゅうにあるが、沢状の部分を滑り途中から雪庇を突き抜けて岳樺の台地に出た。

画像
日差しを浴びている斜面の雪は重くなって、滑りにくくなってきた。勢いをつけて沢を渡り林道を走る。送電線をくぐれば駐車ポイントは近い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック