オファー

来年度の仕事のオファーが来た。一線を退いた身でありながら、声をかけてもらえるということは有難いことである。 今更新しい仕事にはつくことはできないが、これまで培ってきたことの延長線であるならば、役に立てることもあるだろう。 去年も4件もオファーがあり、若干こころを痛めた。いろいろな要素が絡んでいるものであるから、簡単にはい、といえないところが現状だ。 面白いことに、いまだヤル気が…

続きを読む

フィッシング詐欺

運転中に携帯が鳴った。チラッと見ると英文だった。このところ英文の迷惑メールがワンサと来るのですぐ削除、と思ったが、タイトルに Urgent とあったので、よく見るとある卒業生からだった。 PCに来たものが転送されてきたのは英文ということからもわかったが、携帯の画面では小さくて内容がよく把握できない。ただ、helpの文字が見えた。 帰宅して、メールを開いてみると、イスタンブールで強盗に…

続きを読む

大雪のあと

また大雪が降った。25cm くらいは積もったろうか。しかし、明け方には雨に変わったので積もった雪が雨を吸って重くなった。 カーポートの屋根が軋んで危うい気がしたので、雨の中除雪を行った。脚立を持ってきて、半分以上雪を落としたので心配はなくなった。 道路を走ると、センターラインが雪の中央分離帯になっていた。そして今日は気温が上がって、雪解けが進んだ。 ところがとんでもないことが起…

続きを読む

金メダル

一躍時の人になった羽生選手。過日これまでの足跡を追う番組中に、こんなことがあった。 それは仙台のとあるお店。何やさんだったろうか? お店のおじさんが云う。 『がんばれ東北、なんていうなよ。自分のために頑張ってくれれば、みんな喜んでくれる』・・素晴らしい言葉だ。 そのとおりになった。羽生選手は文字通り、自分のために頑張ったのだと思う。いや負けた人たちもみな、頑張ったんだよ。 …

続きを読む

M51

望遠鏡がM82を捉えた夜、ついでに大熊座のη星の側にあるM51にも鏡筒を向けた。時間の関係で120秒3コマだけだったが、これをコンポジット処理をしてみた。 まだまだ露出が少なく十分ではないが、子持ち星雲の様子はとてもよくわかる。画像処理は奥が深く、簡単なコンポジット処理でもこれくらいにはできる。 街中でしかも3等星が見えるかどうか程度の夜空しかない我が家であるが、このちょっとした画像…

続きを読む

F高の門

借りたいものがあって、久し振りにF高の門をくぐった。離任式以来だったが、とくに変わったことはなかった。 3年は家庭研修に入り、1F・2Fは静かだった。置き土産にしてきたA0サイズの全天写真は、変色もなく無事だったが、他の天体写真は変色が激しかった。 直接の太陽光が当たらない北側の教室なのに、やはり何年か経つと経年変化が現れるようだ。あんなに変色している写真をそのまま掲示してあるのには…

続きを読む

新雪を求めて

関東に大雪をもたらした低気圧が抜けるとまたまた良い天気になった。降った直後にアタックしたかったが、都合もあってそうは行かなかった。 そのため、まっさらであるべき雪面も足跡がいっぱい、さらに雪質が妙に堅くなっていたり、パウダーだったりであまり好ましい状況ではなかった。 また積雪は増えたものの、予想したほどの量がなく、まだまだブッシュが全部埋まるといったものではなかった。 しかし、…

続きを読む

サキソフォン・カルテット

サキソフォン・カルテットのバレンタイン・コンサートを聴きに行った。 サックスの四重奏といっても、聴いた経験もなくどんな感じかとワクワクしていたが、始まっていきなり圧倒的な迫力ある音圧を感じた。 伸びやかな主旋律が響き、それを支えるほかのパートが絡みつく。ポップス系から演歌、或いは定番のジャズ系まで間近で生の音を聴かせてもらった。 高校を卒業してだいぶ経つ彼らの楽しみを教えてもら…

続きを読む

その後の超新星

早朝にジャンプ・ノーマルヒル決勝があるので、それまでの時間M82の超新星のその後の様子を見ておこうと屋上に上った。 すでに北斗七星の大半が南中を過ぎていたので、望遠鏡は微妙な向きになってM82を捉えた。超新星SN2014Jは相変わらずの明るさだった。 星雲のすぐ南の恒星よりは暗く、10等以下のように見えた。月齢10の大きな月がまだ西の空に残っていて夜空を照らしていたが、写真を撮ると月…

続きを読む

アンフェア

オリンピックが始まった。そしてすかさず、アンフェアな判定が出た。 平和の祭典とか、国や人種を越えて・・とか言いながら、誰の目にもおかしな結果がモーグルの上村愛子の決勝での試技。 掛け値なしで、このオリンピックで最高の滑りを見せてくれた。そして最後の選手はコブでの跳ね返りにバランスを崩し、上村よりもタイムさえ悪かった。 採点競技の主観そして贔屓目がありありと繁栄したものだった。審…

続きを読む