F高の門

借りたいものがあって、久し振りにF高の門をくぐった。離任式以来だったが、とくに変わったことはなかった。 3年は家庭研修に入り、1F・2Fは静かだった。置き土産にしてきたA0サイズの全天写真は、変色もなく無事だったが、他の天体写真は変色が激しかった。 直接の太陽光が当たらない北側の教室なのに、やはり何年か経つと経年変化が現れるようだ。あんなに変色している写真をそのまま掲示してあるのには…

続きを読む

新雪を求めて

関東に大雪をもたらした低気圧が抜けるとまたまた良い天気になった。降った直後にアタックしたかったが、都合もあってそうは行かなかった。 そのため、まっさらであるべき雪面も足跡がいっぱい、さらに雪質が妙に堅くなっていたり、パウダーだったりであまり好ましい状況ではなかった。 また積雪は増えたものの、予想したほどの量がなく、まだまだブッシュが全部埋まるといったものではなかった。 しかし、…

続きを読む

サキソフォン・カルテット

サキソフォン・カルテットのバレンタイン・コンサートを聴きに行った。 サックスの四重奏といっても、聴いた経験もなくどんな感じかとワクワクしていたが、始まっていきなり圧倒的な迫力ある音圧を感じた。 伸びやかな主旋律が響き、それを支えるほかのパートが絡みつく。ポップス系から演歌、或いは定番のジャズ系まで間近で生の音を聴かせてもらった。 高校を卒業してだいぶ経つ彼らの楽しみを教えてもら…

続きを読む

その後の超新星

早朝にジャンプ・ノーマルヒル決勝があるので、それまでの時間M82の超新星のその後の様子を見ておこうと屋上に上った。 すでに北斗七星の大半が南中を過ぎていたので、望遠鏡は微妙な向きになってM82を捉えた。超新星SN2014Jは相変わらずの明るさだった。 星雲のすぐ南の恒星よりは暗く、10等以下のように見えた。月齢10の大きな月がまだ西の空に残っていて夜空を照らしていたが、写真を撮ると月…

続きを読む

アンフェア

オリンピックが始まった。そしてすかさず、アンフェアな判定が出た。 平和の祭典とか、国や人種を越えて・・とか言いながら、誰の目にもおかしな結果がモーグルの上村愛子の決勝での試技。 掛け値なしで、このオリンピックで最高の滑りを見せてくれた。そして最後の選手はコブでの跳ね返りにバランスを崩し、上村よりもタイムさえ悪かった。 採点競技の主観そして贔屓目がありありと繁栄したものだった。審…

続きを読む

雪だるま

予報通りの大雪が降っている。4日前の降雪がしょぼいものだっただけに、今回は期待していた。あと半日は降りそうだから、積雪は結構なものになるだろう。 年が明けて以来関東の雪は少なく、12月に一気に降った雪もどんどん融けてしまっていたからこの積雪は楽しみである。日光方面の積雪が回復していくだろう。 今夜は旧交を暖める会があったが、皆さんのことを考え延期した。予約してあったお店も、キャンセル…

続きを読む

『木曽オリオン』

フォーク特有の動きは何百倍速の猛スピードで天体を導入する。105cmシュミットは、超新星爆発の瞬間を捉えようとしていた。 天文台という場所は、一種独特のたたずまいがある。多分一般の人たちが近づき難い雰囲気を持っているのだろう。 舞台は東大木曽観測所。木曽といえば御嶽、さすがにドラマの最初に登場した。木曽観測所には行ったことがないが、いわゆる天文台の雰囲気をかもしていた。 地元の…

続きを読む

トラペジウムの秘密

懸案にしていたトラペジウムを撮影した。オリオン座大星雲の中心部はかなりの明るさがあり、これを普通のレンズで捉えると中心付近は完全に露出オーバーとなり、中心のθ星はその中に埋もれてしまう。 これを避けて四重星を浮かび上がらせるには、アイピースによる拡大撮影しかない。ところが、アイピースをかますとピント位置が外に出るのでドロチューブが引き出され、そこにカメラを取り付けると、ドームの壁との間に頭…

続きを読む

昨日は立春だというのに雪になった。しかし、案外情けなく止んでしまった。週末もしかすると大雪になるかもしれない、というので期待したい。 この冬は、12月に一度ドカッと関東でも雪が降ったのでこれはいいぞ、と思っていたが、その後の追い討ちがなく奥日光でも雪が少ない。 山スキーの対象になる山のない奥日光であるが、それなりの積雪になればやれるところはある。まだ2月の初めであるからもう少し待たね…

続きを読む

ネット情報

去年からの懸案になっている山について地図を調べていると、近くにもうひとつ気になる山を見つけた。地図には登路が示されていないのだ。 早速ネットで検索してみると、詳しい記述のある記録がいくつか載っていた。文章に合わせて地図を見ていると山域のイメージがずいぶん膨らんだ。 何でもかんでもネット情報が氾濫している時代であるが、すぐに行ってみることのできない山の情報などはネット情報が役に立つ。と…

続きを読む

鬼は外 !!

節分だ。恵方巻き、というのが、数年前から流行りだし、予約して購入するような事態になっている。 我が家でも、その流行に乗った。それも大トロ巻きなんてのを予約して東北東を向いて一気に食べた。 ねぎトロ巻きというのもあって、これらで満腹になってしまった。流行なんだから本来の形なんてどうでもいい、といった日本人のいい加減というか、おのぼりさん的ないわば節操のない性格、意外と好きだったりして・…

続きを読む

あぶない、あぶないぞ

予算委員会の代表質問に応える安倍首相の弁を聞いているとやはりおかしい、と思わざるを得なかった。改めて、絶対支持はできない!! ねじれ国会ということで決められない政治が続いたが、現国会はいつでも決められる、という背景を持っているからだろう、次々とこうする、ああするということを進めようとする。 『積極的平和主義』なんて勝手な言葉を作り、不戦を誓うために靖国に行った、などとまやかしを言う。…

続きを読む

入山料

富士山の入山料が正式に決まったそうだ。できるだけ払ってもらう、という意気込みだから殆どの登山者が払うことになるだろう。一人1000円で、年間30万人ということだから、ざっと三億円。 具体的に使途がはっきりしていないというが、だったら半分は復興予算で被災地へ届けるとよいのではないか。個人に回るように配布するといい。夏の富士登山の勢いは、入山料3000円くらいでも十分いける。 9億円あっ…

続きを読む