オファー

来年度の仕事のオファーが来た。一線を退いた身でありながら、声をかけてもらえるということは有難いことである。 今更新しい仕事にはつくことはできないが、これまで培ってきたことの延長線であるならば、役に立てることもあるだろう。 去年も4件もオファーがあり、若干こころを痛めた。いろいろな要素が絡んでいるものであるから、簡単にはい、といえないところが現状だ。 面白いことに、いまだヤル気が…

続きを読む