『ジオストーム』


画像やはり吹替え版はダメだな、と思った。たぶん、字幕版だとこんなにも話の内容は分からないだろうが、分からないなりに映画の絵を観ることによって理解できるものだ。パニックアクション映画であるが、この手のアメリカ映画にありがちな家庭問題やヒューマンドラマ要素を含んだ設定になっていて、難題を解決する中で雪解けがなされハッピーエンドとなる。
画像
未曾有の自然災害に襲われ続ける地球を守るために作られた気象コントロール衛星がウィルス感染して暴走。地球各地で異常気象が発生して甚大な被害をこうむる。その原因を突き止め、解決するために衛星を作った科学者ジェイクが宇宙に向かう。ところが、衛星の不具合を調べて行く中で恐るべき陰謀を知ることになる。

あれだけドカンドカンと爆発して行く衛星にいて、肝心の部分は最後まで爆発せず、ドアの制御も無事。間一髪のところでジオストームから回避する。主人公たちが死んでしまっては話にならないのだが、何度も危機一髪のところをすり抜けるのは???見事なカーチェイスの果てに、首謀者デッコムを捉えるシーン。いきなりドドッとパトカーがやって来る、そしてヘリまで。東京でのシーン、カッコイイ外車が走って行く。日本車にして欲しい。この気象コントロール衛星、世界がひとつになって作り上げたというが、その中心になったのがアメリカと中国というのも何となく、政治的配慮を臭わせる。気に入らない。大体先の見通しの付く映画であり、吹替えは必要なかったし、それによって映画の大事な部分が失われた気がした。もちろん、面白くは観られたのだが・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック