『ペンタゴン・ペーパーズ』


画像先日ちょっとTVを見ていたら、シチリア島のパレルモ空港にはピアノが置いてあってここを通る人たちが、気の向くままに弾いている様子を見せてくれていた。その中で、ある年輩の元英国国防省勤務の男性がピアノを弾き終った後カメラに向かって、いま世界が大変な状況に置かれているという懸念を述べていた。つまり『何をするか分からない人たちが強大な権力を握っている』ということだ。トランプをはじめ、中国・ロシアそしてロケットマン、また我が国でも同様だ。

こうした中には、都合の悪い真実を隠す、といったことが横行し、それもトップに忖度する形で官僚でも行われるようにもなっている。このところの我が国で起きている問題の最中には、(忖度しないと・・)官邸の復讐が怖いといった官僚の言葉も聞いた。まるで独裁国の政治ではないか。いま、まさに世界各国がそういう形になろうとしているような気がする。しかし、いつの世にも正義を貫く人がいて、また事実を暴き、伝えようとするジャーナリストがいる。我が国にも期待したい。

泥沼化したベトナム戦争は、様々な形で反省を伴っているが、当時正当化され報告されていた戦況などについての真実を暴き紙面で明らかにした、報道の自由を貫いたワシントン・ポストの勇気ある決断を描いたものがこの映画だった。ウォーターゲート事件を扱った『大統領の陰謀』もワシントン・ポスト紙だったが、こうしたことがあったのだな、ということを改めて知った。アメリカはいろいろな問題を含んだ国ではあるが、正義に関しては譲らない姿勢を強く持った国だ。先にスクープしたニューヨーク・タイムズ紙もワシントン・ポスト紙とともに、報道の自由を訴えた裁判で勝利する。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック