敗 退 


激しい雨の後は晴れるという予報だったので、勇んで出かけたものの天候の回復は遅れ、到底晴天の見込みはないと判断、途中で引き返した。5月も半ば、さすがに2000m近くの岩の間に若干の残雪が見えただけで、雪はすっかり融けていた。先日の中倉山に引き続いて、霧の中の登山。

画像
   駐車場に車は一台。行くぞ!!

画像
   天空回廊を抑え気味に登る。

画像
   日の出らしい。これで晴れて来るのか!?

画像
   霧の小丸山。

画像
   相変わらず、霧の焼石金剛。

画像
   薙の下部まで登って来た。

画像
   霧の薙を進む。

画像
   樹林帯を登る。

画像
   探せば残雪がチラリ。

画像
   赤薙山山頂。こんなんではこの先、行く気がしない。

画像
   さっさと霧の山を下る。またいずれ・・。

画像
   トウゴクミツバツツジはこれから・・。


この記事へのコメント

  • 宮星

    <敗退>との表題でしたのでビックリしましたが、事情を拝察すると違うようですね!?
    argoさんに<敗退>は殆どあり得ないですよね!?
    あ・・・精神的に<敗退>という意味なのでしょうか?
    もしそうなら・・・私はお天気がいい日しか山へは行かないので、最初から<敗退>ですね!
    2019年05月23日 19:03
  • argo

    宮星さん、実は女峰山に向ったのです。ところが予報に反して昨日の天気には
    ガッカリ、薄日すら射すことはありませんでした。で、赤薙山で敗退したのです。
    でも今日、リベンジして女峰山を落としましたよ。
    2019年05月23日 21:37

この記事へのトラックバック