栗原川林道から皇海山 


皇海山へは栃木県側からの庚申山経由のオリジナルルートがあるが、百名山ブームで新たに整備された群馬県側の栗原川林道ルートがいまはメインかも知れない。この栗原川林道ルートは、栗原川林道約19kmのアプローチが最大の難関であり、登山自体は僅か3.6kmの登りであって、標高差も800m足らずで超お手軽ルートだ。今回数年振りにこのルートに出かけた。ところが4回目になったこのルートのアプローチである栗原川林道、確かに未だ悪路ではあるが以前のようなまるで河原を走っているような道ではなくなり、路面の凹凸は殆ど消え失せていた。今回は四駆に乗っている友人の運転で出かけたが、普通の乗用車でも難なく入れるようになっていた。それだけ入山者があり、また整備も進んだということだろう。相変わらず30km/h以下の速度は余儀なくされるが、車の腹をこする心配は殆どなくなっていた。

画像
   栗原川林道の現在。


不動沢に架かる皇海橋のたもとに駐車、橋を渡って登山道に入る。このルートはほぼ不動沢に沿って登って行くのだが、よく踏まれた登山道は朝の光に清々しい。初めに飛び石伝いに右岸へ渡る。ひんやりした空気の中、沢の中のゴロゴロした岩を踏みながら少しずつ高度を上げて行く。沢の中を進む道のため、どうしても足元ばかりに注意が注がれるが、あたりは沢音とエゾハルゼミの鳴く声の合唱が響き渡っていた。

画像
   不動沢に架かる皇海橋。登りは不動沢の左岸から始まる。

画像
   登山道入口。

画像
   足下にギンリョウソウ。

画像
   飛び石伝いに右岸へ渡る。

画像
   初め、沢を見下ろしながら進む。

画像
   新緑の山が気持ち良い。

画像
   右岸を登って行く。

画像
   行程の半分まで来た。

画像
   崩壊した瓦礫の中を進む感じだが、意外に快適。


傾斜も緩く快適な登りを楽しみながら、友人との会話も弾む。最後の分岐点で左手の沢に入って行くと、程なくして沢を離れてトラロープのある急な登りになる。比較的細い木々の中を縫うように稜線に向って登って行く。その木々の隙間に皇海山の山頂付近が初めて望めた。不動沢のコルに出ると鋸山の鋭い峰が天を突くように仰ぐことが出来た。

画像
   最後の分岐を過ぎて沢は狭まって行く。

画像
   沢を離れてコルへの最後の登りになる。

画像
   ロープが張られている急な登り。

画像
   樹林の中に開かれた登山道。

画像
   左手に初めて皇海山の姿を見る。

画像
   不動沢のコルに出た。

画像
   鋸山の尖峰を見上げる。


ここまで来ると山頂まではもう僅かであるが、相変わらず展望の得られない樹林の中の登高だ。この一帯は81年10月に初めて来たときには、背丈の高い笹に覆われ登山道は殆ど見えなかった。そのため何度も行ったり来たりを強いられ、緊張の中を必死に登ったところだ。見上げた空には遭難者捜索のヘリコプターが何度も旋回していたが、手掛かりを得ることが出来たのだろうか・・。ぬた場のようないつ来ても泥濘んでいるところを過ぎると、貴重な展望の得られる広場に出る。再び樹林の中を進むと傾斜が大きくなって岩と木の根を踏む道を行くようになる。ロープの架かった大岩を過ぎると傾斜が緩み山頂が近づいたことを知らせてくれる。

画像
   笹原の中を緩く登って行く。

画像
   展望の開ける倒木の広場。

画像
   遭難者捜索のヘリ。

画像
   時折り、青空が大きく広がった。

画像
   再び樹林の中に入って行く。

画像
   山頂まであとわずか・・。

画像
   岩ゴロにロープの急斜面。

画像
   傾斜が緩むと山頂は近い。

画像
   こんなところにミツバオウレン。

画像
   奉納された青銅の剣。

画像
   樹林の中の狭い山頂。

画像
   北側に白根山方面を見るが、ガスの中だった。


山頂でひと息入れ、下山に入る。来た道を戻るだけなので、のんびり友人と会話を続けながら下る。雲が多いながらも日差しがあり、暑くもなく寒くもない。途中、先日の庚申山と思しき嶺が見えた。いつの間にか、捜索のヘリの音も無くなり、山は静かになっていた。しかしそれも束の間、コルから沢に降りて行くと再び沢音とエゾハルゼミのコラボが始まった。涼やかな沢沿いの道を軽やかに下って行く。最後に不動沢を左岸に渡ると登山道は終わり、皇海橋へと到着した。                                                                                                                              
画像
   下山途中、枝の隙間に庚申山。

画像
   鋸山の向うに袈裟丸山方面が見えた。

画像
   ぬた場?いつ来てもこんな感じ。

画像
   コルから不動沢へと下って行く。

画像
   沢の中を足下に注意を払いながら進む。

画像
   沢が広くなって来れば傾斜も緩んでくる。

画像
   いい感じの流れも見られた。

画像
   マタタビ、だそうだ。

画像
   陽が射して、気持ちの良い不動沢。

画像
   小さな可愛い花。

画像
   皇海橋に戻り終了。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 宮星

    林道は私の山地図に書いてあるより良くなっているようですね!?
    天気が良ければ、argoさんの記事を見る限る、危険極まりない箇所はあまりないようですね?
    ただ、皇海山は展望が望めないらしいので、登山意欲が湧きません。
    2019年06月19日 23:19
  • argo

    宮星さん、このルートは林道のアプローチがすべてと言っても過言では
    ありません。百名山ブームで整備された特殊なルートですが、お手軽
    なので、随分出かける人が増えたでしょうね。そのおかげで、林道は
    かなり改善しました。
    2019年06月20日 00:43

この記事へのトラックバック