追悼の山

雲取山山頂.jpg
6月に亡くなった友人の遺稿となった写真集を秩父の山小屋に届ける約束を果たすときが来た。手始めは雲取山の二つの山小屋、雲取山荘と奥多摩小屋だ。ずっしりと重い写真集を二冊ザックに詰めると、いつもより負荷が増大した。しかし追悼の意味もある、頑張るだけ。

奥多摩小屋へ出てびっくり、小屋は今年3月31日で閉鎖になっていた。学生時代の最後の年を迎える大晦日に泊まったことがあった。30年くらい前には12月に風雪の中この小屋にたどり着いたが、小屋の中でお湯を沸かさせて貰おうとして断られ、敢え無くそのまま下山した覚えもある。その小屋も老朽化で取り壊しだそうだ。誰か、お金を出してくれないのか!?

次は雲取山荘だ。こんにちは、と小屋に入り呼び鈴を鳴らす。するとはい、と重い声で出て来た人がいた。お願いがあるのですが、と言って事情を話したが、"そういうことはやっていない"といって、取り付く島もない。およそ山小屋の小屋番の応対とは思えない。この小屋にも建て替え前に一度泊ったことがあったが、昔のおんぼろ小屋の方が気持ちよかった。20年くらい前には時々立ち寄ったが、もう二度と行きたくない、と思った。というわけで、二軒の山小屋には届けることが出来なかった。

しかし、山頂に避難小屋がある。この避難小屋も建て替えられて素晴らしくなった。久し振りに中に入ってみると、きれいに整理されていて宿泊者用のノートも置いてあり、きちんとしているので写真集を置いても大丈夫と判断し、メモ書きを添えて置いて来た。また稜線上に七ツ石小屋があるのを思い出し、立ち寄ってみた。そして事情を話すと、快く受け取ってくれた。友人の思い、ということをわかってくれたと思った。

改めて山小屋にもさまざま、小屋番もさまざまだと思った。とりあえず、雲取山は終えたことになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント