秋めくとき

11月になって、晴天の日が続くようになった。朝夕の空気が冷たく感じられるのはもちろんだが、秋めいたことを知る一番は、食事の洗い物の時。前夜から溜めてあった流しの桶の水と水道の蛇口から流れて来る水の温度の違いだ。朝を迎えた流しの桶に入った水はかなり冷えているのだが、水道から流れてくる水はほんのり温かい。これを感じると、季節が大きく進んだことを知る。

仕事をしていたころは、流しの前に立つことも少なくそんな日常のたわごとみたいな変化についていくことも煩わしかった。しかし仕事から離れて、身の回りのこうした変化にも気を回すことが出来るようになった。毎朝屋上の天文台のそばに立つと、奥日光の赤薙山から男体山までの稜線が見えるのが楽しいが、今朝は男体山の頭だけそして丸山の姿だけが見えていた。早く雪をかぶった姿を見たいものだ。
日光連山.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント