山の食糧事情

山登りの軽量化を図る上で、食糧について考えることは重要だ。

以前はインスタントラーメンを作ったり、雑炊系のフリーズドライに卵を持って行って調理したり、と何かと手をかけた。ガソリンコンロに拘り、山頂での豪快なコンロの音に酔ったことも懐かしい。その後登山全般の軽量化を考え始めるようになり、小型高出力のガスコンロや小型燃料を導入して対応した。しかしコッフェルや調理の手間を考えると、山での食事というたったそれだけのことにザックの中味の何割かの重量と嵩を使い、また貴重な時間も使わねばならないことから、山の食事を見直すことになった。そして十数年前、思い切ってこれらを全てカットすることにした。また速攻登山を旨とする場合、山行中の食事に長い時間をかける意味もないとして、近年の山での食糧は大抵はセブンのおにぎり1個とカルピスウォーター1本だ。パンになることもあるが、その場合は菓子パン2個とカルピスウォーター1本、と簡略化している。

食糧.jpg夏でも冬でもカルピスウォーターは水分補給にとても飲み易い。冬の場合は、適当に雪を入れると減って来た量を増やすことが出来る。しかも、雪を溶かしてもあまり味が薄まらないのがいい。近年の熱中症予防で取り上げられる水分の量からすると、かなり少ないが、軽量化を図る上で水の量はとても大きなポイントだ。スーパーで1.5㍑のペットボトルを買って来て、山行の度に小分けして持って行くと経済的にも有効だ。行動中にあまり汗をかかないので、のどの渇きを感じたことは殆どない。だから、水分補給も形式的なものなので、特に問題を感じたことはない。ただし下山後は、意図的に水分補給を十分行っている。

こうして、ザックの中の食糧の占める割合は重量的にも嵩的にもかなり少なくなる。荷物が小さく軽くなると、行動の機敏さは飛躍的にアップする。足元を軽く固め、荷を小さく軽くして山に余計な時間をかけない。長く山中を歩いていることが、身体に負担になるのは経験的に分かっている。行動時間を短縮することは、疲労を軽減し体力の低下を防ぐことにつながる。山登り、何が好きかというと山を歩いているときが好きなのだが、無為に長ければいいわけでなく、ピークを取れればもう用はない。さっさと下山して帰りたい。食糧の簡素化は、そうした自分の山行スタイルの要求から生まれたものであり、他の人との比較にはならない。山登りはこのように、独自のスタイルを作り上げ、何が正解かといった議論の対象にならないのがいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    いろいろ工夫、試行してますね。
    私は、柿の種。なぜかこれが、いいです。非常食にもなるし。
    飲み物は、ポカリを2倍薄めで、クエン酸をくわえたもの。
    時に、ピーナツ、レーズン、アーモンドなど。小魚(加藤文太郎に影響受けました、甘納豆、ようかんは無理ですね)、タンパクはソーセージ、チーズ。時に気が向くと自製ゆで卵。
    泊まりの時は、、去年しばらくぶりで、山で泊まりましたが、α米。以前は自家製でしたが、買ったものの方がいい感じで、これに水を入れる。干し飯です。
    おにぎり一個、腹減りませんか?私血糖値が黄色(やや高めと言われて)ということがあり、糖質制限もあり、こんな風になりました。コンロ軽量のを買いましたが、まだ未使用。ガソリン、石油、重いですよね。
    2020年06月15日 09:49
  • 芝刈り爺さん、追伸

    そうそう私も、できれば、速攻派です。できればです。この頃もたもたで、、下りは特に慎重、もたもたです。以前、山頂でコーヒーをつくって飲もうとしていたパーティーに雷様が落ちたと言う事がありました。山はそもそも危ないこともある、、ですから、速攻、ですよね。でもね、、もたもた、、これも含めて、速攻です。あっけないくらい、10分もいれば十分。しゃれではありませんが。これまた刺激を受けてついつい長話、失礼しました!
    2020年06月15日 09:54
  • argo

    芝刈り爺さん、コメントいつも有難うございます。
    このブログは、あくまで個人的なたわごとですから、そういうお積りでお願いします。
    記事に書いたように、いまは軽量化を果たして速攻登山を目指していますから、余計と
    思えるところには、力を入れないということです。山登っていて、お腹が空いたと思う
    ことは、殆どありません。何なら、昼食を抜いたところで別に何でもありません。
    おにぎりひとつは、いわばかっこつけです。
    加藤文太郎には、私もあこがれた時期がありました。甘納豆に凝ったこともありました。
    でもいまは違います。余計なことはしない、ことにしました。
    2020年06月15日 18:31
  • 芝刈り爺さん

    これは、、以前、机の上のものが、、、。こっちの方が食欲湧きますね!うまそう!!
    2020年06月21日 08:47
  • argo

    芝刈り爺さん、よりリアル感を出すために差し替えました(笑)。
    2020年06月21日 15:57
  • 芝刈り爺さん

    絶対こっちがいいですね。食欲わく!
    2020年06月21日 19:59