山の生き物

この時期、山ではエゾハルゼミの合唱が絶えない。また蝶の舞も盛んになって来ている。一年振りのアサギマダラを追いかけた。林道のカーブを曲がると目の前にシカとタヌキが戯れて?いた。ビックリしたシカは素早く飛び去ったが、タヌキは丸い身体を揺らしながらこちらに向かって走って来た。体を開いてかわすと道路の側溝に降りて走り去った。一目散、という言葉がぴったりの走りざまだった。

山に入ると何度もシカに出会った。登山道に登山靴でない踏み跡が見られ、注意して行くと岩場も木の根の道も何のそので登っていた。そして不意にキーンと鳴き声を発して飛び去って行く。森の中に同化するようにジッとしているのだが、いきなりの鳴き声にいつも驚かされる。今回は主稜線の狭い痩せ尾根にも足跡を残していた。

さらに、驚いたのは笹原の急な登りに差し掛かったとき、シャカシャカシャカと異様な音がしたと思ったら、目の前にマムシが赤い舌をピロピロと出して威嚇していた。登山道の真ん中にいるので、そこに生えていた木の枝で立ち去るよう促したが動かず、際どい稜線を遠巻きにするようにその場を去った。嫌な奴だ。またある木の根に近づくと、無数のハアリがうごめいていた。おお、気持ち悪い。

山頂にはアカタテハが飛んでいた。そして祠にまとわりついていた。

アサギマダラ。
アサギマダラ.jpg
これはシカの足跡だった。見事なまでに山を走り回っていた。
シカの足跡.jpg
威嚇音で気が付いた。こちらが威嚇しても動かない。
マムシ.jpg
木の根元にびっしりとハアリだろうか。
ハアリ.jpg
山頂の祠に取り付いていたアカタテハ。
アカタテハ.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    マムシ、良く写真に収めましたね、マムシは,ホントに逃げないですよね。動きが遅いのか、やれるもんならやってみろ,という感じです。怖い怖いです。先日、,と言うか昨日、大小山で,オオムラサキがいたというので、その動画を見せてもらいました。蝶の世界も,深いですね。アサギマダラ?が好きで、アドレスに使っている人もいました。アカタテハは見たことがあると思いました。
    2020年06月30日 08:05
  • argo

    芝刈り爺さん、マムシはマジ怖かったです。これまで何度も見てきましたが、あの音が
    耳について離れません。
    蝶はね、きれいですよね。大小山にオオムラサキ、私も去年見ています。東南稜上です。
    しかしそのとき、写真には撮れませんでした。また探してみましょうかね・・。
    2020年06月30日 09:14