庚申山

皇海山へのクラシックルートは、足尾の銀山平から庚申山・鋸岳を越えて行く。近年百名山ブームによって栗原川林道が開かれて、まるで河原のような林道をノロノロ運転で十数㌔走れば、登山行程はごく僅かで皇海山に届くようになった。しかも最近は、道が踏み固められたため、この林道も普通の林道並みに走り易くなったので、この林道の有難みも増した。しかし、拘る人は皇海山へは足尾からと頑張る人もいる。人の通行が減ったため、鋸岳のルート上には荒れてしまったところもあり、若干スリリングな登降を余儀なくされるが、六林班峠を回って周回すれば達成感は格別なものになる。・・ と、足尾の銀山平は皇海山への登山基地だ。
しかし、登山基地としては何も皇海山まで行かなくても、庚申山登山の登山口でもある。今回はその庚申山が目的なので、出発もゆっくり気楽な気持ちで山に向かった。まずは駐車ポイントから一の鳥居までの林道歩きだが、これは定番のチャリを使う。林道入口には厳しいことが書かれてあるがご勘弁を・・。この林道の大半は傾斜が緩く、チャリを漕ぐことが出来る。しかし、あまり足を使ってしまうと山が辛くなるので、適当に降りて手押しする。それに後半は、岩ゴロの道となり、到底漕ぐことは出来なくなる。さて天狗の投石を過ぎればほどなくして、一の鳥居だ。

林道の入口。
1.jpg
天狗の投石。
2.jpg
一の鳥居。ここから山道になる。
3.jpg


チャリをデポして山道に入る。ところどころに丁目石が置かれているが、目安は百丁目だ。次第に沢から離れて沢音がしなくなる。名前の付いた大岩をいくつか経て、道が石段になると庚申山荘と庚申山との分岐に出る。お山巡りという表示のある方へ向かう。すぐに宇都宮大学ワンゲルの山荘があるが使われていないらしく、老朽化している。ジグザグの登山道を登って行くと尾根に乗る。
この山独特の梯子を登り高度を増して行くが、岩場に分かれて行くあたりで、上部に向かって斜面を登って行くとお山巡りをショートカットして山頂近くの登山道に出ることが出来る。今回はノーマルにお山巡りを楽しむ。岩場をへつるようにつけられている登山道に沿って登ったり、下ったりの繰り返しだ。吊り橋があったり、梯子があったり、名前の付けられた岩などもありいわゆるお山巡りを楽しんで進むと、山頂と山荘の分岐点に至る。

沢沿いの登山道は沢音が心地よい。
4.jpg
このあたりで、半分くらいだ。
5.jpg
先日も見た可愛い花。
6.jpg
仁王門を過ぎると庚申山荘が近づいて来る。
7.jpg
分岐点広場手前のヤマツツジ。いつもこの木の花は、遅くまで咲いている。
8.jpg
分岐点、ここからお山巡りに入る。
9.jpg
宇都宮大学ワンゲルの山荘。
10.jpg
緑の中にジグザグを切る。
11.jpg
シロヤシオの残骸か!?
12.jpg
独特の梯子が出て来る。
13.jpg
実はこのあたりから山頂が狙える。
14.jpg
いよいよ特異な岩場が出て来る。
15.jpg
そんな中、岩壁に咲くユキワリソウがきれいだ。
16.jpg
この花もよく見る。
17.jpg
立派な吊り橋が架かっている。
18.jpg
ずっと前はなかった鎖のフェンス。
19.jpg
"鬼の耳こすり" と名付けられたところ。
20.jpg
ありがちな岩の穴。
21.jpg
深い森の中の岩場を行く。新緑が美しい。
22.jpg
火山の作る奇岩を縫って登山道が作られている。
23.jpg
微妙なところに登山道はつけられている。
24.jpg
"庚申の岩戸" と呼ばれる岩屋。
25.jpg
梯子で登り上げる。
26.jpg
庚申山荘からの道を合わせて、山頂へ向かう。
27.jpg


山頂へはここからもう僅か、岩場が終わると緩い傾斜の樹林帯になり、遭難碑を過ぎれば樹林帯の中の庚申山頂に出る。山頂からの展望はないが、西に少し行くと樹林が切れて皇海山から男体山までの展望が得られる。ここから見る皇海山の雄姿は圧巻だ。登高意欲を掻き立てられる。皇海山の右手に雪山が見える、武尊山だろうか・・。

分岐点からさらに登って行く。
28.jpg
岩場が終わって山頂部の樹林帯に入る手前の展望。
29.jpg
遭難碑。
30.jpg
庚申山の頂上からは展望が得られない。
31.jpg
山頂から少し西に行くと重厚な皇海山が聳えている。
32.jpg
皇海山のアップ。手前には赤い花が・・。
33.jpg
この付近にいつも咲いているシャクナゲだ。
34.jpg


ひと息ついたら下山。樹林帯を抜け岩場に入り、庚申山頂の看板を過ぎればお山巡りの分岐点に出る。一の門をくぐり、相変わらずの鎖や梯子を辿り、最後に大きくえぐれた岩の根元を回り込んで下ると、岩場は終了。やがて水場を通って山荘へ向かう道に合流。お山巡りの起点になった分岐に出て、そのまま一の鳥居に向かって下る。名前の付いた大岩を巡りながら、沢音が大きくなって来ると一の鳥居は近い。

分岐道標までは来た道を戻る。
35.jpg
分岐道標からすぐに一の門をくぐる。
36.jpg
岩の間を抜けて下る。
37.jpg
大きくえぐれた湿った岩に沿って下ると、水場が近い。
38.jpg
水場に出ると、クリンソウのお出迎え。
39.jpg
庚申山荘が樹間に見える。
40.jpg
水ノ面沢に沿って下って行く。
41.jpg
庚申七滝の分岐まで下ると、一の鳥居はすぐそこ。
42.jpg


チャリを回収して、チャリにまたがれば出だしは岩ゴロで走りにくいがこれも面白く、すぐにサドルに座れるようになると快適な傾斜の林道をかっ飛ばして銀山平の駐車ポイントに至る。

この約4kmの林道は、チャリの出番。
43.jpg
快適なチャリ走りで山行終了。
44.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    自転車、確かに有効ですね。熊鷹山の林道、足尾、などなど使っています。それと、別のところに降りる際も、便利ですよね。この頃、車に積めるミニバイク、アシスト自転車、、もいいかな、などと、ものぐさな考え。と言うのも自転車の登り、標高差を稼ぐのは結構疲れて、、。帰りは快適そのものですが。スキーはダメですが、この下りの自転車の快感は捨てがたいですね。
    2020年06月10日 20:05
  • argo

    芝刈り爺さん、自転車を導入したのは佐武流山に行った時が最初で、林道歩きをいかに
    効率化するか、考えてのことでした。確かにアシスト付きでやっている人もいますね。
    チャリで足を使い切ってしまうと、山登れなくなってしまいますからね。ミニバイクも
    見たことがあります。皆さん苦労してますよね。下りの快感は何とも言えません。
    2020年06月10日 20:35
  • 芝刈り爺さん

    佐武流山、と言う懐かしい名前をみて思わず書いています。白砂山、苗場山の間にあって、昔々、縦走で、あるいは白砂山からの往復で何度か行きました。テント泊で。渋い山ですよね、その後、あれは秋山郷からかな、道ができたと聞きました。自転車利用、考えましたね。その後、群馬県境トレイルなるものもできて、白砂山~三国峠も歩けるようになったみたいですね。
    2020年06月12日 16:26
  • argo

    芝刈り爺さん、佐武流山ご存じでしたか、しかも複数回登られているとのこと。
    私は一度、秋山郷から登っただけです。その後白砂山から行けそうだったので、
    トライしましたが、白砂山山頂から数mほど進んだところで諦めました。
    あの藪は到底越えられません。次に考えたのは残雪期でした。雪があれば楽勝
    でしょう。しかし、まだ実践はしていません。・・・
    2020年06月13日 08:24