『潮 騒』

"日々の暮らしの備忘録" とブログトップに書いてあるのに、記事を見てみると山登りの話ばかりで、"なんだ、山登りばかりしているんだなぁ" と改めて感じた。確かに、山登りがいま生活の一番の中心?ではあるが、そんな毎日山に出かけているわけではない。物理的にもそんなことはできない。ブログの一応のテーマとして、"山"・"天文"・"映画"・"徒然" としてあるが、断然"山" の記事が多い。しかし二番目に多いのは"徒然" で、これは日々の生活をある意味で反映しているかな、と思える。ブログをはじめたころ、長いこと足を運んでいなかった映画館が超空いていて、しかも1,000円で観られるとあって、時々出かけるようになっていたのでテーマに加えたのだが、最近はまた行かなくなってしまった。ちなみに今年はまだ一度も・・。というわけで、記事の本数も極端に少ない。

shiosai5.jpgそんな中、BS放送で懐かしい三島由紀夫の『潮 騒』山口百恵編が放送され、見てしまった。高校時代三島文学に出会い、その中でも『潮 騒』は大きなインパクトを感じ、恋愛とはこれだ!! と衝撃を受けたものだった。その後、吉永小百合編をTVで観て感動を新たにしたことも懐かしいが、近年の山口百恵編も話題になった。これもかつてTVで観た記憶があったが、たまたま合わせたchで予告があり録画しておいた。改めて映画を観てみると、この物語はまるで映画を作るための脚本ではないかと思えるような出来過ぎた感のある内容だと思った。思えば、そこに流れている純愛には憧れにも似た感想を持つ。

しかし歌島には若い女の子が他にいなかったのか、とか初江の行動があまりに大胆だったり・・など、三島は映画を作ることを前提として、いかようにも脚色せよ、とばかりに想像をこちらに丸投げしているようにも思える。だから原作に忠実に作ると何か物足りなさも感じる。この映画は、まるで脚本のようなストーリーにそのまま乗っかっていたので、すんなりとしたハッピーエンドで終わってしまったが、実はもっと青春映画の域を越えた展開があってしかるべきだったのではないか、とも思った。ただそうした場合、吉永小百合や山口百恵ではその役に馴染まない。青春スターたちをフィーチャーするのなら、オーソドックスに小説に忠実に細かいところは知らんぷりして作るのがいい。

映画を観ながら高校時代通っていた床屋さんで、ご主人が奥さんを"はつえ" と呼ぶたびにドキッとしていたことを思い出した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    映画ですね,山口百恵、潮騒、、。伊豆の踊子、、。ゲセンナ私は,あのころ百恵ちゃん妄想に、あの頃の男どもは(私の周りは)、みんなそうでしたが、、まさに妄想に妄想を膨らませ、、。まあでもその後の百恵さん、立派ですね、意地というか,完全に引退した,感じですよね。
    映画もですが,音楽も詳しい,,この前、トンネルの音響のところで触れていましたから。何はともあれ幅広くていいですね。それにしても今日は私のところはいいお天気。暑いです。このお天気では,又お出かけでしょうかね。幅広いお話、又よろしく。どうも私、昔から,幅狭く,保守的、新しいもの苦手タイプですので刺激になります。
    2020年07月02日 15:20
  • argo

    芝刈り爺さん、私は中森明菜派でしたので、山口さんは・・。映画は映画館で観るのとTVでは
    全然違うのですが、wowow に入っているのでもっと観たいと思っています。
    ただ、あまり時間がないですね。
    今日は暑かったですが、微妙な天気で行きたいところは曇りだったり雨だったりで・・。

    私のブログがどなたかの刺激になるなんて、恐れ多いです。
    2020年07月02日 19:47
  • 芝刈り爺さん

     テレビのない我家は、、映画とも無縁なのですが、NHKとケンカして,受信料を払い、小さな小さなあれはなんて言うのでしょう、テレビのようなもので,妻が,のど自慢などを見ています(最近はやらない)。我家は,40年くらいテレビなし!
     ところで刺激を受けてと話しましたが,刺激を受けてなんと,,あの,大平山に行きました。アジサイはきれいでしたが,そのほかの花は山道では目につきませんでした。私のようなサンデー毎日の,爺さん、婆さん(?)がいっぱい。こういう山、年金山と言うそうです!そして刺激を受けてあの立花ルート、,でしたかを下りましたが、イヤハヤ、草だらけ,,沢沿いの草むら、,例のマムシもいそうで,おっかなびっくりでした。暑かったですね。ヘビには会いませんでした。
     カラスが増えてヘビも受難だとか,エサになってしまうそうです。カブトムシも良く食われています。カラスはひどい,,と思うけど彼らも必死。山に登ると崩される山々、人間は地球を食って,,しまっていますね。
     刺激を受けた話でした。映画、音楽もよろしく,全くの映画、音楽音痴ですので。長々失礼しました。
    2020年07月02日 20:40
  • argo

    芝刈り爺さん、お宅にはTVがないのですか!? すごいですね、あんな便利で楽しいものがない
    なんて、信じられません。え、それで太平山の立花ルートに行かれたのですね。
    ヘビいませんでしたか!?
    私は今日も見ました。それもまた至近距離でした!! 早く標高の高い山に行きたいです。
    2020年07月02日 22:00