梅雨空の古賀志山

7月も終わろうとしているので、天気は気にせず先の雨具の補修結果を実践して調べようと一ヶ月振りに古賀志山に出かけた。気温は低めだが、湿度は高そうだ。雨は降っておらず、カッパを着るとゴアテックスといえども蒸れて来る。用意したルートはなく、思いに任せる。まずは不動の滝へ行ってみよう。相変わらずだが、緑い葉が繁り濡れているので梅雨らしい雰囲気。不動の滝を見上げていると、小雨が降って来た。

次は御岳に足を向ける。ルートはいろいろあるが、岩が滑るのでオーソドックスに森の中を登る。また一週間空いてしまったので太ったような気がしてならない。最近はあまり登りに使ったことのない正規ルートを詰めて行くと、アルマヤ堂に出る。ひと登りで主稜線、そして誰もいるわけのない御岳山頂に出る。一ヶ月前にイチヤクソウを見た鳥屋山に低い雲が絡んでいた。

古賀志山神社。
1.jpg
樹林帯を緩く登って行く。
2.jpg
小さい花をつけていた。
3.jpg
岩登りのゲレンデが見えて来た。
4.jpg
この花は何だ?
5.jpg
いつものモミジの木。
6.jpg
不動の滝。
7.jpg
目に留まった花。
8.jpg
ガクアジサイ。
9.jpg
蕾が割れて中から花が出て来た。
10.jpg
正規ルートを登って行く。
11.jpg
稜線の真下。
12.jpg
御岳山頂からガス巻く鳥屋山。
13.jpg

お願いしたいことがあり東へ進路を取って、古賀志山大神を目指す。猪落への尾根と別れて西に少し進むと古賀志山大神の祠のあるピークに出る。お参りしたら、猪落へ向かう。二つの尾根を結ぶようにトラバースして行くと、雨の上がった猪落の岩尾根のピークに出た。暑いので、雨具を脱いでチェックしてみると、やや濡れた状態でもシームテープの剥がれは確認できなかった。これで暫くはまたこの雨具を使うことが出来そうだ。濡れた岩尾根を下り、鎖場を経て山腹道へ下る。以前はとてもいい雰囲気の森の中の道だった山腹道も、大伐採のお陰で山肌に露出している。このあたりでまた小雨が降って来た。

ヒカリゴケの岩壁を覗くと、何時になく緑色の蛍光を輝かせていた。大神の下の岩壁を巻いて行くと崩落現場だ。この上には、近い将来崩落するであろう岩がある。通過には慎重さと素早さが必要だ。伐採を逃れた森の中を進むとマラ岩の下に出る。ここからは下山ルートに入り、草むらを避けて駐車ポイントに戻る。

赤い鳥居を過ぎて主稜線から離れる。
14.jpg
西側に延びた尾根のピークへ・・。
15.jpg
古賀志山大神にお参り。
16.jpg
尾根を踏み替えて、東側の猪落へ・・。
17.jpg
空が白く飛んで、いつもの美しい猪落が見られない。
18.jpg
猪落から下って行くと、こんな花も・・。
19.jpg
急斜面を山腹道へ下って行く。
20.jpg
スカスカになってしまったこのあたりの山腹道。
21.jpg
古賀志山にもこの季節がやって来た。
22.jpg
何時になく輝くヒカリゴケ。
23.jpg
かつて目の前で崩落した大岩。この上にはまだ落ちそうな岩がある。
24.jpg
マラ岩の下から一気に下山。
25.jpg
最後に足を止めた粋な花。
26.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    天気良くないですね。毎日、じとじとですが、古賀志山に行かれたんですね。私は、岩場が苦手ですから、古賀志山は(時々落ちる人もいるみたいで)敬遠しています。しかも雨交じりの,道のぬれる中、、よく行かれましたね!です。写真で見ると,信仰の山だったんですね。滝もあるところを見ると,修験の山だったのでしょうか。明治政府の神仏分離で,神社になったのではないかなどと,,思いました。いかにゴアテックスでもこの時期は,着てれば暑いし,蒸れますよね。汗かきの私は,着るか,雨に濡れるか,その選択になります。古賀志山には、しびれを切らして出かけた感じでしょうか。私の知り合いには「私は、大小山病です」と言って,2,3日に一回は行かないとおかしくなるという方がいます。私も,週に二、三回は近くに出かけますが,1時間ちょい位で歩ける山、近くですからしめて2時間。ちょうどいい感じです。暑さの苦手な私は梅雨明けの知らせに,おびえるところもありますが,さすがに多少の青空もみたいですね。
    2020年07月30日 11:17
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。いつになっても天気が回復というか、晴天が現れないので、ちょっと
    出かけてみました。雨具のテストもありましたし・・。心拍数を上げる機会が一週間も空いてしまうと
    身体のキレが確実に悪くなります。何となく身体が重くなってしまうのです。近年ではこれだけ
    曇りや雨が続いたことも珍しいのではないか、と思います。
    芝刈り爺さんは里山の近くにお住いのご様子、羨ましいですね。私の住まいからだとどこへ行く
    のでも小一時間はかかるので、フラッと出かけることが出来ないのは残念に思います。
    2020年07月30日 17:43
  • 芝刈り爺さん

    5枚目の赤いぽちぽちの花、,京かのこ??一番下は龍のひげ、,にしてはきれいですね,でもそうかな??ガクアジサイの上の花は,,ヒヨドリソウ??これまた、そうかな程度ですけど。大小山は,キツネノカミソリが咲いていました。暑いですね。暑くなりました。夏バテしないようにします。暑さと湿気でウィルスがおとなしくなると言う人がいましたが,,その割には,コロナ頑張っていますね。ご自愛、ご自愛ですね。
    2020年07月31日 15:49
  • argo

    芝刈り爺さん、有難うございます。
    いずれも、あまり聞いたことのない花たちですね。
    キツネノカミソリというのは、オレンジ色のあれですよね。越床峠に群生地の標識が
    あったのを覚えています。きっといっぱい咲いているのでしょう。
    2020年08月01日 21:29