ペルセウス座流星群

毎年ほぼ8月12日に極大を迎えるペルセウス座流星群。今年は12日夜22時ころの極大予想だったが、昨日は午後になって雷雨の予報が出ておりその後の天気の回復が危ぶまれた。案の定、雷雲は波状的に何回かやって来た。そのため夜になっても雨雲が空を覆っていて、流星群観望の望みは潰えるかといった不安があったが、雲の動きを予報するサイトを検索すると26時くらいになると、多少見込みがあるのではと期待を持って出動した。

ペルセウス座流星群は、夏の夜空を飾る一大流星群であり、スイフト・タットル彗星を母天体とする安定出現の流星群だ。ちょうど夏休みの時期でもあり、学生時代から長く付き合っているのだが、とくに1991年のときには八千穂高原でその大出現を目の当たりにした。120年の周期彗星と目されていた母天体のスイフト・タットル彗星が予想された年に回帰せず話題になったが、その10年後その彗星に絡む流星群の大出現によって、実は周期が130年の彗星なのではという予測がなされ、翌年母天体の回帰が確認される、というドラマを生んだことも記憶に新しい。
                              2020.08.12 25:35 20Da/ISO1600/20s EF14㎜/F2.8 LEEソフトフィルター使用
Newベルセ群流星PC.jpg
今年は下弦過ぎの明るい月も出ており条件は良くなかったが、予報を信じて観望ポイントに出かけてみると、初め雲は多かったが次第に晴れ間が広がりいくつかの群流星を見ることが出来た。写真に捉えたものは眼視では確認されなかったものだったが、カシオペヤ座からアンドロメダ座を横切るように飛んだ比較的明るい流星だ。降雨の後で気温が下がっていたため夜露が降り始め、二度ほどレンズの曇りをとった。金星が昇り27時を回ったところで撤収した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    こう言うのって,気軽に,期待してます,なんて言ったけど,撮影、大変ですよね。幽霊ではないけれど、どこに出るかわからない!と言う事は,出そうなところにカメラを向けて、、カシャーーと撮影、これは20秒でしょうか?まずは撮影成功おめでとうございます。私は見たのは、30年くらい前,,と言う事はもしかして1991年だったのでしょうか。山に寝転んで見ましたが、、。お疲れ様でした!
    2020年08月13日 08:14
  • argo

    芝刈り爺さん、おはようございます。
    撮影は大したことはありませんが、この辺りに飛びますように、とお願いしてもそこに出る
    ことなど滅多にあるものではありません。これまでで一度そういう経験をしましたが・・。
    ですから、当たるも八卦・当たらぬも八卦という感じですから、こんな写野の端っこでも
    貴重です。この写真、一寸失敗がありますが、とりあえず・・といったところでした。
    2020年08月13日 08:56
  • 芝刈り爺さん

    よく見たけれど,どこがまずかったのかわかりませんでした。位置?手ぶれはないし、、。右の木陰のようなもの??とか。その道の目利きが見るとわかるんでしょうか。それと私がファミリー登山で月山に行き,その6合目の小屋で,眺めた星空、流れ星、,1988年8月の14日でした。その頃も結構見られたんでしょうかね。遠い遠い昔の話でした。
    2020年08月13日 20:19
  • argo

    芝刈り爺さん、こんばんは。
    20s露出ですから、ちゃんと三脚に固定して撮影しました。構図的には若干問題がありましたが、
    それは仕方ないことです。問題は ・・・・ それは内緒ということにします。少々がっかりでした。
    月山は88年でしたか、記憶はちょっと定かではないのですが、夏場は散在流星も多いので沢山
    見えたという印象になっていらっしゃるのかも知れませんね。
    2020年08月13日 21:27
  • 芝刈り爺さん

    たびたびすみません,今朝、4時頃、東の空に,オリオン座が見えてその左、北側に明るい星!これは金星でしょうか。明けの明星?すみません、つまらん質問で。あと夜、木星かと思われる星の,近く,,左下あたりは、、火星??
    それともう一つすみませんが,これはずっと悩んでいることですが,,たとえば木星とかの、惑星の公転その周期というか時間、、これはどうやって決めているんでしょうか。基準はある?たとえば地球ですとお彼岸とか,夏至とか,太陽との位置関係で,365,25,,,でしょうか、などと決まりますが,,そういうことが,惑星でもできるんでしょうか?そもそも宇宙空間、上も下も南も北もないわけでしょうから。。つまらないこと聞いてすみません。興味はありますので,教えてもらえればと思い、お聞きします。
    2020年08月14日 08:42
  • 芝刈り爺さん、追伸

    写真の、内緒の点、了解です。秘密の方がいいですよね。それと今年は,,新盆でしたね。何かと忙しいでしょうか?改めてご冥福お祈りいたします。親孝行なされましたね。
    2020年08月14日 08:44