どんより鳴神山

梅雨が明けたとは言っても雲が多く、遠征にも気が進まなかったので、暫くぶりで鳴神山へ出かけた。
1.jpg
雨が長かったからだろう、大滝は水量を増していた。
2.jpg
一般道を登る気にはなれず、大滝からは東尾根に取り付いた。すると目の前にこんなトンボがとまっていた。
3.jpg
足元はさほど柔らかくなっているわけでなく、出だしの急斜面も普通に登れた。
4.jpg
ヒグラシが珍しく逃げて行かず美しい声を聞かせてくれていた。
5.jpg
ところどころに蜘蛛の巣があるが、概ね快調に高度を上げて行く。
6.jpg
いつものピークを左手に見て、大岩のリッジを登ると倒木帯に出た。
7.jpg
このあとは緩い傾斜の尾根上を行く。尾根が左にカーブを切ると、標高は800mを越える。
8.jpg
右手からの尾根が近づいて来ると、傾斜がグッと上がって乗り上がったところが展望台地だ。
9.jpg
雲が立ち込めていて良好な展望は得られず、水分補給をしてすぐに山頂に向かう。
10.jpg
さすがに夏なので、人の通らぬ尾根は藪っぽくなっていて、枝を振り払うのが難儀だった。
11.jpg
山頂手前の展望所では桐生の街が見下ろせた。
12.jpg
もうひと藪をかき分けると山頂だ。
13.jpg
展望がないので、写真を一枚撮ったら下山。
14.jpg
展望台からもろくな展望も得られず、さっさと下る。
15.jpg
椚田峠まで下れば、すぐにカッコソウ群生地。愛する会が頑張っている。
16.jpg
沢沿いの道に出ると、御神水がガンガン流れていた。
17.jpg
いつもの滝を眺めながら、ひんやりした空気を纏う。
18.jpg
河床が遠くなるとコツナギ橋へ下山。
19.jpg
林道に出て駐車場に戻る途中に、キツネノカミソリの群生を見た。
20.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    キツネノカミソリ、きれいですね。それとトンボ、、これはカゲロウ??ウスバカゲロウ(「薄バカ下郎!」ではありません)と思われます。大きいですね。アリジゴクの成虫??相変わらず、精力的に、すごいところを、バリバリ登ってますね!すごいすごい!!
    2020年08月04日 17:59
  • argo

    芝刈り爺さん、こんばんは。
    梅雨明けしたものの天気がすっきりせず、曇天の下でしたが、いつもの東尾根を登りました。
    明瞭な尾根で、変化に富み楽しい登りです。ただこの時期は、山頂直下付近のブッシュが
    ややハードです。イノシシ1頭、シカ3頭が、登山中に見られました。
    2020年08月05日 00:04