バローレンズ

月や惑星を撮るといえば、エクステンダーで焦点距離を延ばしたり、カメラアダプターに接眼レンズを介して拡大したり、またこれまでは意外に得意技であった、接眼鏡の後ろから更にカメラで覗き込むコリメート、と従来の撮影法は基本的に静止画をコマ撮りする方法だった。しかし、近年ウェブカメラでの動画撮影をもとに、動画のひとつ一つのフレームをコンポジットして静止画にする手法が一般的なものとなり、その画像は飛躍的に高レベルのものになった。今年は火星の準大接近があり、お手軽なコリメート撮影を専らとしていた自分ももう少し上質な写真をゲットしたい、とPCカメラを使用する最近のやり方を試してみるべく舵を切った。

バロー.jpgこのとき、画像の拡大は接眼鏡ではなく "バローレンズ" を使用するため、手持ちの機材を探したが、径が昔のサイズしかなかったので友人から借りたもので試してみた。するとメーカー名も分からないものでもそこそこの写りを示したので、これは廉価版のものでも行けるのではないかと、以前超破格値でもよい見え味を示した "SVBONY" 製のものをAmazonで注文した。それが昨日届いた。香港から送られて来たので、中国製独特の粗末な包装であったが、中身はしっかりしていてケースもちゃんとついていたし、接眼鏡を止めるところもネジで内枠を締める方式になっていて、接眼鏡を傷つけない配慮がなされているものだった。バローレンズは実際多くのメーカーから販売されていて、価格もピンキリであるが、キリではないにしろキリに近いものだっただけに実際に使い物になるかどうかは分からない。早く試してみたいが天気は相変わらずで、次の晴夜が待ち遠しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    またまた新たな世界、,私には未知の世界を,広げてくれますね。イヤハヤ、,なんですかこれ、という感じです。したがって気持ちは、、?????ですが、星は動いている,微妙に、それを追っかけて写真で撮る,,でもきれいに撮るのは難しい、、そこで動画、、(と言う事は,映写機が星をある程度追っかける?)、そして撮ったものの中からいいものチェック、ないし,何枚かのものの合わせ技で,良い画像にする、、。今度の新兵器は,その動画を撮るもの?でしょうか?この新兵器の中に動画撮影機能付き??それとももっとなんかくっつくの??いやはや、、爺さん迷路でうろうろ,,これが未知との遭遇!で面白い。
    2020年10月16日 08:31
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。コメント、有難うございます。
    写真は原則ひとコマ、じゃ動画は?といっても、動画とて連続した写真の連なり、という
    ことです。このひとコマひとコマを切り出して、具合のよいコマを重ね合わせていくと、
    ぼやけていた部分もシャープに再現できる、というわけです。そうした撮影手法に使われる
    道具のひとつが、このバローレンズなわけです。撮影はこれにカメラを取り付けます。
    芝刈り爺さん、好奇心旺盛でけっこうなことです。
    2020年10月16日 10:33