ピント外れの土星

土星が難物であることは知っている。それでも、木星と並んでいる姿を見るとやはり撮影対象として望遠鏡をむけてしまう。高度も低く、シーイングの悪い日が続いているので、どうかなと思いつつ撮影に臨んだ。

すると、まずピント出しに苦労した。何度やってもピントの山が捉えられない。数年前にセットした減速微動装置で、ドロチューブを動かして行くのだが、眼視ではかなり有効と思われているこの装置でも撮影に際した微妙なピント合わせにはあまり意味をなさないように感じる。ただもっと減速比を大きくしても、果たして有効に使えるかどうかは疑問だ。モニターに近づいても、却ってピントは見づらく、何か名案はないものか!?

初めての撮影だから、この辺りでいいや、とばかりに手を打ってしまったので、結局映像はピンボケだった。高度が低いための大気による屈折も大きく影響していると思われるが、ピント合わせにおける工夫、そしてシャープな画像を得るにはどのような工夫が必要か、今後の課題だ。すでに夕方の空でも南中を過ぎてしまっているので、課題克服は次期シーズンとして練習を重ねたい。            D300F7.2/3× ZWO ASI224MC 10.18 19:45 90s
F3F4New1火星.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    このブログで、星の撮影の困難さを学んでみると、土星、、その輪っかがはっきり見える、もう十分と思うのですけど、、まだ、これ以上があるんでしょうか?大気の揺らぎ、屈折いろいろが、もしないなら、、きれいに撮れるんでしょうけど、。いっそ宇宙ステーションから撮るときれいなんですかね。わたしは一度地球を外から見てみたいです。昔、立花隆が、アメリカの宇宙飛行士にインタビューしたものをまとめて本を読みました。神の存在を実感した人、おかしくなった人、、インパクトあるんでしょうね。なにはともあれ宇宙はでっかい。惑星の撮影でもこんなに難しいのですから。惑星、土星のドーナツの生写真、はじめて見ました。
    2020年10月26日 08:27
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    この土星はだめですね、こんなのよくブログに載せたね、と言われちゃいます。地球の
    大気、これが曲者です。仰るように大気圏外のHSTなどで撮影したものは、まるで異次元
    です。また、地上でも凄い人たちはそれに肉薄しています。
    恐縮ながら、このブログで芝刈り爺さんを刺激できているようで嬉しいです。
    2020年10月26日 20:51