木星・土星の超大接近

長く天文活動をして来て、こんな姿はこれまで見たことがなかった!! 宵の南西の空、木星と土星がくっついていた。
19日には木星・土星の接近を f 2155㎜ で捉えたが、3日たち更に両者の見かけの距離は近づいた。400年ぶりの超大接近だ。次回は60年後とあれば、是が非でも捉えねばならない。望遠鏡の100倍程度の視野にも両者を同時に導入できるとあって、2×テレプラスを利用して焦点距離をさらに引き延ばし f 4310㎜ の直焦点で狙った。
自宅天文台では目の前にある中学校が南西の空低い位置にある両惑星を隠そうとしているので、気が気ではなく16時半くらいから準備を始めた。17時近くになりようやく薄明の中に木星の輝きを中学校の避雷針の右横に発見、望遠鏡に導入してカメラで見てみる。強引な引き延ばしのため、ピントは甘くなるが、両惑星の姿はよくわかる。
木星にはガリレオ衛星が見えるが、イオのそばに恒星がひとつ見えていて、衛星が5つ見えるようだ。土星は2つの明るい衛星が見える。この超大接近がこの時期であったことは関東に暮らしているものにとっては幸運だった。
 2020.12.21 17:35 D300/F7.2 2×テレプラス EOS5DⅡ/ISO6400/3.2s
木星土星文字入PC.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    やっぱり凄いや!絶句!努力に脱帽!
    2020年12月22日 08:50
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    昨夜は、やはり両惑星を肉眼では分離できませんでしたね。
    今日も同じような感じでしょう。それにしても、こうした経験は初めてのことです。
    2020年12月22日 14:25