赤薙山山頂滑走

大快晴が約束されている、ということになると、チャンスは外したくない。午後の用事に昼過ぎまでに帰れればオッケーということで、夜明け前にキスゲ平に到着。準備をして出発。すると、雪面にはトレースらしき足跡、また滑ったりした跡など結構雪面は荒れていた。つまりあの降雪の中で遊んだ人がいたということだ。昨日はライブカメラでも結構な降りだった。あんな中で、雪と格闘する元気はない。

ひと登りすると、ギタギタは無くなった。小丸山の登りではまっさらの斜面になり帰りまで持つか、淡い期待を持った。今年は最初に付けられたトレースを皆さんが使っているらしく、赤薙山東尾根の南端にトレースが延びていて、これを追いかける。毎年のルートは焼石金剛の手前でルートを北側に移行していたが、今年は薙の位置までずっと南端にトレースが延びている。しかもこのトレースは、よく出来たルートだ。

焼石金剛から薙を見ると、三角バーンはきれいにリセットされていた。薙の上端を登って行く。雪面はまだパウダーだった。薙の上端に出る。ここから樹林帯に入るが、久し振りに雪がたっぷりあるので、山頂までシール登高して山頂から滑走することにした。いつもは樹林に入ると段差の大きい登りになるので、スキーで登るのは難しくなるが、結構雪が詰まっていて登り易くなっていた。とはいえ、スキーで山頂まで登る人はいないだろう。
一度樹林が切れて、もう一度樹林の中に突入して行く。傾斜のある登りや岩根を乗り越えるところでは難儀したが、大岩まで登り切った。ここまで登ると、もう僅かで山頂だ。

夜明け前、息をするかのように強い風が吹いていた。
1.jpg
ギッタギッタの出だしの斜面。
2.jpg
ここから小丸山の本格的な登りが始まる。
3.jpg
低空に雲があって、まだ陽が昇って来ない。
4.jpg
まっさらな斜面を残しておくために、階段寄りにジグを切る。
5.jpg
小丸山に達すると、ようやく陽が出て来た。
6.jpg
時折り強い風が吹き、赤く染まった雪面を舞い上げる。
7.jpg
東尾根に朝がやって来た。
8.jpg
南東尾根越しに、白くなった富士山も赤くなった。
9.jpg
赤薙山と三角バーン。
10.jpg
丸山の向こうに高原山。
11.jpg
薙の上部に登って来た。
12.jpg
薙の上にトレースをつける。
13.jpg
ドロップポイントへ出ると、また強い風にあおられた。
14.jpg
樹林の隙間から平野を見下ろす。
15.jpg
いつもは段差に苦労する樹林帯の登り。
16.jpg
怪しげな、また魅力的な山稜。
17.jpg
再び樹林帯に突入。
18.jpg
大岩を回り込めば山頂だ。
19.jpg
赤薙山山頂。積雪は少ない。
20.jpg
定番の山頂からの展望。
21.jpg

山頂にはさほど積雪はなかった。いつものように男体山から女峰山の連なりを写真に収めて、ひと息入れたら下山だ。シールを剥いで、山頂付近に張ってあるロープを跨ぎ樹林の中に突入して行く。薙の上に出るにはかなり左回りに樹林を抜ける必要があるので、暫く振りの山頂からの滑走に注意深く滑って行く。気温が高く、パウダーは少し重くなりつつあった。暖かいのも楽だが、雪が重くなってしまうのには困る。

そうして、薙の上に出た。一気にそのまま薙中央に出てドロップ。なんだか、以前よりも傾斜が小さくなったようだ。あっという間に下部へ滑り込み、登り返し。登り返しルートも完成したので、いたって簡単になった。焼石金剛で再びシールを剥がして、北面滑走。そして、谷を渡って東尾根に戻って行く。登って行く二人連れが見えた。

小丸山トップに出て、唖然。恐れていたように、間に合わなかった。きれいな雪面を保つため、ジグを切る登りは階段の近くにしてあったが、下部にいたボーダーにやられてしまった。彼らは上まで行かないので、こういうことはこれまでも何度も経験している。悔しいけれど、何も言えない。連中の笑い声が、嘲笑われているように聞こえた。

南側のはずれにかろうじて残っていたきれいなバーンを見つけ、滑走。そのままB点まで一気に下って行く。ボーダーとは挨拶をかわしたが、さっさと片付けをして、帰還した。

ロープを跨いで、尾根上部に向かう。
22.jpg
樹林帯を抜けて来る。
23.jpg
樹林帯の滑りは難しい。
24.jpg
薙の方向へ回り込む。25.jpg
薙上部へ出た。一気に中央部へ移動してドロップ。
26.jpg
あっという間の滑降。
27.jpg
登り返しルートも学んだ。
28.jpg
雪まくり。
29.jpg
焼石金剛へ登り返す。
30.jpg
焼石金剛。ここから北斜面を滑る。
31.jpg
手ごろな緩斜面が続く。
32.jpg
少しずつ、東尾根に近づいて行く。
33.jpg
日差しを受けて雪は重くなって来た。
34.jpg
小丸山に戻って来た。
35.jpg
南側の端にノートラックバーンが残っていた。
36.jpg
下部はまたギタギタ。
37.jpg
駐車場から小丸山のバーンを振り返った。シュプールが見える。
38.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    雪の中に、途中まででも行った人もいるんですね。さすがに山頂まではと行かないまでも。朝日に赤く染まる空やら、雪の斜面、きれいですね、そしてシュプールも、、あの赤薙の樹林、、急斜面、、よくまあ滑ること!です。きれいですね!ということで。
    2021年01月26日 10:11
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    スノーシューの足跡が山頂までありました。ヤマレコでも23日に登っている人がいました。
    土日の天気では、山に行く理由が私にはありませんが、ご都合もあるので・・。
    山頂から薙までは、倒木の多い樹林帯なので雪がかぶっていても注意が必要です。
    何度もやっているので、凡そは見当つきます。
    2021年01月26日 12:41
  • フライマン

    赤薙山山頂からの滑走でしたか、あの樹林帯を滑るのは大変でしょうね。
    後は、オープンバーンが多いので雪が降れば良いBCスポットですよね。
    三角バーンのシュプール凄く綺麗です。
    2021年01月27日 17:12
  • argo

    フライマンさん、こんばんは。
    雪が十分にないと薙から上には登るのが厄介なのですが、今年は比較的多く雪が積もって
    いるので、山頂までシール登高出来ました。滑るのは、ルート取りが肝心ですね。
    薙の滑降は、雪が重くなり始めていましたのでイマイチでした。
    2021年01月27日 22:35