雪雲絡む日光連山

アプローチの路上からは、男体山・女峰山らの日光連山もまだよく見えていた。ところが、山を歩いているうちにどんどん雪雲が山稜を覆って来ていたようだ。僅かな時間だけ天気の回復を見せた山々は、559Pの山頂に出たときには、もはや霧降高原しか見られなくなってしまっていた。

強力な冬型の気圧配置に見られる雪雲に隠れそうな日光連山。
連山.jpg
少しズームアップしてみると・・、かろうじて赤薙山は見えている。
女峰山.jpg
先日滑降した赤薙山の三角バーンや東尾根の登山ラインがわかる。小丸山の斜面はリセットするだろうか。
霧降.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    寒い風に乗って、風花でも飛んできそう。そもそも風が冷たそう。まさに冬型全開の、、真冬の光景ですね。寒い寒い!です。
    2021年01月31日 11:47
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    正に北関東の冬の景色ですね。風花は飛んで来ていませんでしたが、どんどん山が
    見えなくなって行くのがよくわかりました。
    2021年01月31日 15:44