朝陽を浴びた日光連山

さすがに第一級の寒波襲来ということになると日光連山にもそれなりの雪が降った。ただ、冬型の気圧配置が続こうとも日光方面は二日程度で天気は回復してしまう。しかし寒波による寒さは身にこたえる。
昨日までは雪雲の中で山は見えなかったが、今朝は昨日までと異なり、朝陽を浴びた男体山から女峰・赤薙山らの雪化粧の様子が自宅からも見られた。ただし、白根山だけは雪雲の中で見えなかった。群馬県との県境にあたるところでは、まだ冬型の只中にあったようだ。
普段は自宅から日光連山を見ることなど出来ないが、この冬の澄んだ空気の中だと、見事な山岳景観に出会うことができる。ズームアップして屋並みの合間に見える日光連山を捉えた。
日光連山PC.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    結構きれいに見えますね。私のところとは違う感じです。アルペン的な感じもよく出ていますね。寒そうな、実際寒い朝が続きますね、これで雪はどうなんでしょうね。
    2021年01月10日 20:54
  • argo

    芝刈り爺さん、こんばんは。
    自宅の屋上から、ちょうど電柱の間に男体山から赤薙山までが入って見えます。
    この程度の白さでは積雪量は大したことはありません。というか、これ以上に山々が
    白くなったことを見たことはありません。奥日光の積雪は白根以外はこんなものです。
    このところの寒さは、確かに厳しいですね。
    2021年01月10日 22:06