期待した雪の朝

天気予報を聞いて、暫らく振りのまとまった雪を期待していたが、早朝目が覚めて耳を澄ませるとポタッ、という雨粒がベランダの床に落ちる音が聞こえてがっかりした。雪になるほどの気温の低下がなかったのだろう。温暖化や暖冬といった言葉が横行する最近の冬、暫らくまとまった雪も降っていない。平野に僅かでも積もるほどの雪が降ると様々な障害を生んでいいことはないのだが、雪の朝の青空の下、屋上から眺める家並みや家の周…

続きを読む