毛野山北東尾根

毛野山.jpg久し振りの大雨の後だったので、山が乾くのを待って出動した。気になっていた毛野山北東尾根・・。毛野山のピークの先にベンチがあり、そこに "この先行き止まり" の表示がある。行き止まり、といってもそんなはずはない、と思っていた。最初に見たときからこれを下るとどうなるのだろうと、降りてみたいと思っていたが、今回はそれを目的に出かけた。ルートは毛野山西尾根を登り、その行き止まりの表示から北東尾根を下る。GPSの地図を見ると谷すじに林道があるらしいので、尾根を下ったところからその林道を見つけ登り返そうというものだ。
しかし、雰囲気的にあまりいい感じはしない。どうも大小山は東面・北面は樹林が濃く、動物の気配がよくするので嫌な目に遭わないように祈りつつこの尾根を踏査したいと考えた。踏み跡は期待できないが、行ってみよう。

先回見つけた空き地に車を停め、毛野山西尾根の登山口に向かう。動物よけのフェンス横から登り始める。
1.jpg
"山" とある標柱。
2.jpg
よく踏まれた道を一気に登って行く。
3.jpg
展望の利く岩場に出ると、富士山がよく見えた。
4.jpg
もうひと登りするとお気に入りのポイントに到着。ケルンは無事だった。
5.jpg
ここからは大小山のいくつかのピークがよく見え、毛野山も迫って来る。
6.jpg
大きな露岩を越えて行く。
7.jpg
岩場を過ぎると、山頂手前の急な斜面に出る。
8.jpg
赤城山や奥日光の山々も雲が取れつつあった。アプローチで見たときよりも男体山はよく見えていた。
9.jpg
急斜面を登り切ると毛野山だ。
10.jpg
細長い山頂部は北に少し下って登り返したところに山名板、その奥のベンチの先に行き止まりの表示板がある。
11.jpg
すんなりとその北東尾根に入って行く。
12.jpg
ちょっと下ると岩場があり、尾根は分岐する。
13.jpg
気分で左手に下ると右手に明瞭な尾根が見えたので、少し登り返してそちら側に移動。
14.jpg
松と岩の盆栽のような尾根を下って行く。
15.jpg
切開きされているような尾根上を下る。
16.jpg
小さなポコには露岩があり、疎林の尾根からは周囲の山も見渡せる。
17.jpg
尾根上の次の分岐に出たら、右手の尾根に入る。
18.jpg
長い平坦な尾根の先端からはいつもと違った、尖っていない妙義山と毛野山が並んで見えた。
19.jpg
この先は標高が落ち、木立の様子が低木へと変化して行く。
20.jpg
低木帯からグッと下って行くと落ち葉の斜面となり、また赤と黄のテープを見つけた。
21.jpg
そこから尾根を外れて下るとブッシュの先に、湿地らしき平坦な場所が見えた。
22.jpg
昔の林道とも思える道があった。
23.jpg
沢も流れていて、えぐれたような深い谷も形成されていた。
24.jpg
池のような大きな水たまりもあり、動物たちが水を飲みに来るような場所に思えた。
25.jpg
地図を見ると北東尾根と妙義山北尾根との間の谷であることは間違いなく、この谷に沿って登る。
26.jpg
しばらく藪を分けたりしながら進んで行くと道形らしきものが現れ、これを進む。やがて谷の水は消えた。
27.jpg
するとどこかでバキッという音がした。もしや・・と思い、声を出しながら次第に傾斜の出て来た斜面を登って行く。
28.jpg
すでに道形は無くなり、左手には妙義山北尾根が見えたので、その間を目指して登る。
29.jpg
獣道のようなものが現れるとこれを伝う。大きな岩を巻いて進めば、右手に尾根が迫って来た。
30.jpg
適当に谷の斜面を登り、尾根に向かう。程なくして、毛野山手前斜面の岩場に飛び出した。
31.jpg
これを登り毛野山に戻る。強い風がまだ吹いていた。
32.jpg
下山は来た道を戻る。快適な西尾根、展望ポイントからは周囲の山を見渡し、一気に登山口へ下って行く。
33.jpg
登山口へ戻って来た。
34.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    確かに,東側は、もさもさしていますね。おまけに,湿地のように,水があって。うっかりすると,ズボズボと水の中に入ってしまいそうです。降りたところ林道ありましたか?笹藪が濃くはなかったですかね。イノシシが喜びそうな場所ですね。
    2021年02月17日 18:02
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    湿地はあまり好きではないですね。しかも、午後になると陽が翳って来て薄暗い感じに
    なってしまうのは残念です。記述したように林道っぽい道形がありました。
    笹藪は、この辺りは大したことはありませんでした。
    2021年02月17日 19:09