沢入の滝

一床山の麓に "沢入(さわいり)の滝" という細々とした小さな滝がある。
滝正面.jpg
まるで箱庭みたいな滝であるが、地元に住んでいる方の話では、何十年もの間一度も枯れたことがないという。
しばらくぶりだったが、何時になく水量は多く感じられた。
滝.jpg
とはいえ、線のように細いのは相変わらず、でも滝つぼもあり全体を見ると見事な完成度を見せていた。
その沢筋を辿ってみても有力な流れがあるわけでもないのに、この山の保水力は大したものである。
沢入の滝.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    なるほど、、これが、噂の沢入(さわいり、なんですね、、足尾の沢入(そうり)の読みではないのですね)の滝ですね。確かに細々ときれいに流れてますね。昔、見たときよりきれいに整備されている感じです。また探して行ってみます。どうも入り口が???で車ですとあれれと言う間に過ぎてしまうようです。この地域、扇状地で川の水は冬に枯れてしまい、伏流水になりますが、おそらくこの滝の上に、、岩盤があって水を通さないで、、流れるんでしょうね、と素人判断。別の山、太陽光ですっかり荒れた諏訪岳にも「子犬の滝」と言うのがあり、ほんとに子犬でした。川とか水を見ることがない扇状地のこのへんは、井戸を掘るか、倉を建てるか、と選んだそうで、井戸掘りも大変だったそうです。井戸があるのは、大金持ちさんでした。だからこの滝も貴重だったのだと思います。
    2021年02月04日 11:03
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    噂、があるんですか? 多分ごく一部の人しか知らない滝だと思います。でも、細々とですが
    流れがあるんですね。箱庭ですが、楽しいですよね。
    諏訪岳の子犬の滝は知りませんでしたが、寺久保山の不動の滝、というのも笑いました。
    2021年02月04日 15:19
  • 芝刈り爺さん

    今から、30年以上昔、、なんかあるんだよ滝が、、と聞きました、そして探索、、見つからずでした。子犬の滝は,多田からの登り口の左、,子犬です。不動の滝は,,あれは杉の植林で沢が水枯れしたと思います。名前からして,修験道の匂いがします。お不動様でもいるのではないかと思います。杉を植林すると沢の水が涸れ,植生が貧弱になるようですね。山も崩れやすくなるし、、。さて花粉の季節ですね,私は今のところ花粉と共生しているようで、苦しんではいませんけど。
    2021年02月04日 18:05
  • argo

    芝刈り爺さん、私は稜線探査をしているときに案内指示が出ていたので、探しながら
    歩いていると、広場に出たのでくまなく探すと見つかりました。
    この山域を知ったのは、まだ3年くらい前のことですが、山域全体が箱庭的なので、
    楽しく歩いています。
    ちなみに私は花粉症ではなく、春山で花粉で先が煙っているところに突入するような
    ことがあっても何でもありません。花粉症の方々には申し訳なく思います。
    2021年02月04日 18:27