大小山周辺西尾根踏査 Ⅰ

先日、大小山西尾根を登っているとき、その北側に西に延びる開放感のある尾根に気が付いた。帰宅して地図を広げてみると、妙義山の次の細長い山頂を持つ毛野山から派生している西尾根であることが分かった。ただし、この尾根は途中で二分している。ならばこれらを上り下りで替えて踏査してみようと考えた。
毛野山西尾根ルート図PC.jpg

道路わきに、うまい具合に駐車スペースを見つけ、そこから北側の支尾根を目指すことにした。この先行き止まり、の表示を見て右手の沢に向かうと堰堤があり、これを渡って尾根に入る。
1.jpg
ひと登りすると、祠があった。
2.jpg
道はないので、尾根筋を登る。若干傾斜があって、滑り易い。
3.jpg
藪っぽさもなく、冬枯れの山で快適。振り返ると、足利病院が見下ろされた。
4.jpg
目標の細長い山頂を持つ毛野山が間近に見えるところに、素晴らしいテントスペースを見つけた。
5.jpg
その先に進むと南からの尾根道が上がって来て合流。こちらはきちんとした登山道のようだ。
6.jpg
尾根上にはしっかりした登山道が刻まれていた。
7.jpg
毛野山山頂が近づいて来る。
8.jpg
最後は岩尾根っぽくなって来る。
9.jpg
ベンチのある毛野山山頂。この辺りは、ちょうど一年前くらいに初めて歩いたところだ。
10.jpg
妙義山がそこに見えたので、往復することにした。
11.jpg
鞍部まで下るとその先に大きな岩がとうせんぼしている。
12.jpg
この辺りも岩尾根の道だ。
13.jpg
妙義山北壁を最初に登った時は、この辺りからトラバースして北壁に向かった。
14.jpg
360°の展望が得られる妙義山。浅間山が白い。
15.jpg
毛野山に戻って行く。
16.jpg
また戻って来た。
17.jpg
毛野山からの下山は、テントサイトピークへ戻り、今度は南側の支尾根を下る。
18.jpg
それなりの岩場もある。
19.jpg
展望の良いテントサイトピーク。ここにケルンを積んだ。
20.jpg
南側の支尾根には立派な登山道がついていた。
21.jpg
ちょっとした展望地もある。荒船山や両神山が見えた。
22.jpg
尾根を離れるようにして、山腹を巻いて下って行く。
23.jpg
登山口にはお墓があり、獣除けフェンスが設置されていた。
24.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    下りに使われた道は,以前から,歩いていました。前より多くの方が歩くようで、ヤブもなくなってきましたが、山から出るのは出やすいけど,入るときはブロック塀を乗り越える感じで,,確か,イノシシよけネット、外れない感じがしましたが、入りづらい感じがした記憶があります。上りの尾根は,全く,,知りませんでした。祠があるのは魅力的です。行きたい感じですね。
    2021年02月05日 10:25
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    さすがですね。こんな道があったなんて、驚きでした。
    状況も詳細に覚えていらっしゃいますね。藪はなかったようです。
    2021年02月05日 10:58