一床山冬の展望

一床山山頂には木立がなく、展望は360°だ。中でも北側の展望は男体山を中心に見事な雪山が連なる。冬枯れの山並みの向こうに雪山が連なる。今年は皇海山はもちろん、袈裟丸山にも多くの雪が見える。スッキリ山々が見える日もよいが、この日のように雲がなびいて弱めだが冬型の気圧配置になって、北の方の山が少し雲に覆われているのも、そうした時季を如実に表していていい眺めだ。いかにも冬の景観である。

続きを読む