森の古木

標高が1500mくらいの山であると、山頂部はいずれにせよアプローチの登山道はたいてい森の中を進む。
ミズナラ古木PC.jpg
すると思いがけず巨大な古木に出会うことがある。二岐山の冬道は夏道とは全然違うので、冬季限定で出会える巨木がある。そのひとつはタコブナと呼ばれるブナの木であるが、過日もうひとつミズナラだろうか、巨大な古木に偶然出会った。古木PC.jpg根元近くの幹回りにはコブのような部分があり、その太さ・大きさは格別であった。普通の登山靴であれば、足を置くところが豊富にありそうなので簡単に登れそうだった。
小学生のころ、住んでいた家の近くに雪印乳業の本社工場があり、構内にはたくさんの木が立ち並んでいた。ときどき遊びに行ってはそうした木に登った。おかしな科学少年だったので、ゲルマニウムラジオのキットを買ってもらい、それを作っては高い木に登って長いアンテナを張ってラジオ放送が聞こえるのを楽しんだものだった。
あれからもう何十年も木登りなんてやったことがないが、この巨木を見ているうちに、思わずこの木に登りたいと思った。岩登りとは感覚的に異なるかも知れないが、高い所に両手両足を使って登るところは共通項だろう。いつかチャンスがあったら・・。
それにしてもこのあたり、自然の森のようで人の手が入っている様子はないが、そんな森にこんな巨木が残っていることに驚く。木の幹に目立った傷みもないので、まだまだ長く生きて行くことだろう。長い年月をここに過ごし、冬の登山者を見守って来たに違いない。これからも、長く登山者の安全を見守って欲しいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    冬季限定の,ご対面、お楽しみですね。知る人ぞ知る,,古木ですね。残念ながら私には,ご対面かなわないようです。守の主、ですね。登ってはいけません!なんちゃって。人が行くようになると縄文杉のように根元が固まり,木の元気さが失われるようですね。根っこも呼吸してますから。ゲルマニウムラジオ、懐かしい!私も買いました,,でも、電波状態が悪く(田舎の山間地)入るのはNHKそれも第2のみ。気象通報とか株式市場とか訳のわからないのを聞いていました。二岐山、夏道を行くと途中で道が平坦になるあたり、伐採作業路の後があった気がします。一時、ブナ林を仇のように林野庁が伐採していましたから。朝日連峰、船形山、などなどのブナ林もやられましたね。二岐山のちかく、大白森,小白森山付近も,ブナ林は伐採されたみたいで笹原になっています。残されたこうした森、樹木は大切にしたいですね。
    2021年03月14日 08:43
  • argo

    芝刈り爺さん、おはようございます。
    タコブナといい、この巨木といい、何だか畏れを感じさせるものでした。
    登りはしません、冗談です。そんなことをしたらバチが当たりそう・・。
    多分、冬以外に行くことはなさそうですし、ブーツではちょっと躊躇いますし・・。
    森の守り主、ということでしょうから、毎回会いに行く、ということで・・。
    大白森あたり、積雪はどんな具合なのでしょう。笹原だと滑れるかな?
    2021年03月14日 10:14
  • 芝刈り爺さん

    森の主、でしたね。守の主ではちょっとわからない、、森の守り主ですね。誤字訂正です。なんとなく読み取りくださり,ありがとうございます。今日は先日のヤブの山のブログに触発され、とあるヤブ山に行きました。久しぶりに、、こういうところを歩きました。刺激になりましたね。雪やスキーはダメな私ですが、、。もっともヤブが落ち着いた5月頃の残雪の山は好きですけど。体力が,,トホホですね。
    2021年03月14日 18:29
  • argo

    芝刈り爺さん、仰りたいことは分かりますよ。
    藪山もお好きなのですね。低山徘徊も時期によっては、ダニやヒルの攻撃があるので
    注意が必要ですよね。いまの時期はまだ、大丈夫でしょうけど・・。
    山は体力ではなく、ガッツですよ。
    2021年03月14日 20:18