春まだ浅き地蔵岳

今年最初の地蔵岳。駐車場から登山口に歩いて行く途中に、いろんな花を見出した。若葉がきれい。
1.jpg
まず立ち止まったのは、リンドウの蕾だ。たしか去年もこの道端で一輪のハルリンドウを見た。恐らく同じものではないだろうか。リンドウは青い色をしているのがいい。形もいい。開花はあとどれくらいだろうか?
2.jpg
いつものルートをいつものように登って行く。それにしてもこの山で人に出会ったことはまれだ。ちょっと手前の神社には多くの人たちが出向くのに、その裏山には人の気配が全くない。
3.jpg
1500m弱という決して高くはないが、里山の低山とは違っていて、簡単には登れない。しかし、周回ルートを使うと踏跡も不分明で面白い、お気に入りの山だ。
4.jpg
時折りシカにも会うし、とてもしずか・・。山麓のよくわからない道が終わり、本格的な登山道に入ると、これまで道端に置いてあった道標が、立木に打ち付けられていた。
5.jpg
すると沢を渡るところでハナネコノメに出会った。
6.jpg
小さい花に赤い四つの雄しべが印象的、沢山咲いていたので暫くは写真に興じた。
7.jpg
小さい花が好きだが、小さい花をコンデジで気に入ったように撮影するのは難しい。
8.jpg
隣にいくつか咲いていたこの花、見たことがあったがわからず・・。
26.jpg
その先にはコバイケイソウが葉を延ばしていたが、このあたりでは白い花を見たことがない。するとネコノメソウが見つかった。過日この花を探しに出かけた山があったが、見つからなかったのにこんなところで思いを果たした。
9.jpg
いつものように花のないコバイケイソウの群落のある湿地帯を過ぎて行く。
10.jpg
急な斜面を登り稜線に出ると男体山や白根山が見えた。山頂まではもう僅か、いまだ冬枯れの急な尾根を登る。
11.jpg
登り切ると山頂だ。それにしてもアカヤシオの姿がひとつも見えないのはどういうことなのだろう。普通はこの時期、このあたりでその姿を見せてもいいはずなのに・・。つぼみにもなっていないのだ。
12.jpg
山頂でひと息ついたら下山だが、ここからがお楽しみライン。一気に急な南尾根を小さな凹凸を越えて下って行く。
13.jpg
アカヤシオが次々と現れていいはずなのに、ちょっと早かったのだろうか、全く咲いていない。
14.jpg
写真の対象がないとなれば、冬枯れの稜線をガンガン進む。皇海山の三角形の姿が前山に隠れて行く。
15.jpg
広々した二重山稜地帯を進むと祠に出る。ひとつ目の祠は前回の山行のときに屋根の部分が落下していたが、今回も変わりなかった。次回も変わりなければ手前に転がっている屋根を乗せたい。ただ、持てるか!?
16.jpg
ふたつ目は無事。そしてその先には、お待ちかねポイントがある。
17.jpg
地蔵岳と男体山が重なって見えるポイントだ。さすがに?そこにはアカヤシオが沢山の蕾をつけていた。
18.jpg
蕾をパチパチ撮ったら、先を急ぐ。
19.jpg
1222mの三角点に出た。その向こうに地蔵岳が見える。
20.jpg
すると、その先にいくつか咲いているアカヤシオを見ることが出来た。
21.jpg
この先、知らなければ見過ごしてしまう尾根の分岐から一気に下る。
22.jpg
目印も何もないので、油断すると目標地点には到達できないが、だからといって修正は可能だ。
23.jpg
案の定、ちょっと油断したら若干右寄りにルートを変えてしまい、いつもより西側に出た。
24.jpg
トラバース気味にルートを修正して、本殿の裏手の神社に下山して終了。地蔵岳は、まだ浅き春だった。
25.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    相変わらず、凄い尾根を下りましたね。祠の屋根、、地震の後など、良く落ちていますね。三床山でも見ましたが、とてもとても重いし、、乗せるのは難しいですね。腰痛持ちの私は、ごめんなさいと行ってスルーしてしまいます。花もたくさんあったようですね。
    2021年04月15日 07:42
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    この祠の屋根は前回見つけました。どうして屋根が落ちてしまったのか、分かりませんが
    位置的に、地震とか揺れて落ちたとは思えません。本体の部分と屋根のある位置とが結構
    離れているのです。誰かの悪戯かなんてことも勘ぐってしまいますが、基本的にここに
    入って来る人は滅多にいないので、解せません。動物たちが騒いだ、ということは十分に
    考えられますが・・。ま、次回持ち上げてみます。
    2021年04月15日 13:37
  • フライマン

    ハナネコノメ見つけたんですね!!
    めしべ良く撮れてますね。
    夕日岳の隣の地蔵岳でしょうか?夕日岳のアカヤシオが気になってます。
    もうそろそろ咲いてるかな?
    2021年04月17日 16:01
  • argo

    フライマンさん、こんにちは。
    ハナネコノメ・ネコノメソウとも見つけましたが、いずれも地蔵岳の登りで見つけました。
    ただ、地蔵岳のアカヤシオはまだほとんど咲いていませんでした(12日)から、夕日岳には
    行かなかったのです。そろそろでしょうか・・。
    2021年04月17日 16:24