『シグナル』

ブログのテーマに『映画』を掲げているのに、映画の記事が少ない。コロナもあって、久し振りの映画になった。

シグナル.jpgTVドラマの劇場版ということで、TVを見てないのでよくわからないことがあったが、復習的なシーンもありおおむね理解できた。ただ非現実的な、過去と現在がときどきトランシーバーで繋がるといった現象に違和感を持った。或いはそんな設定がタイトルの "シグナル" であり、それが目新しいと言えば、そう言えるのかも知れない。テーマになっているのが、政府高官と警察幹部との癒着、何となく殺人まではないにしろ、私たちの知らないところで闇に葬られる有りそうな話が底辺にあり、日本でも数年前からおかしな不審な出来事が起きて、その度に犠牲になった人たちがいたのを思い出した。こうした内容の映画でよく取り扱われるもので、本当のこともあるような気がする。
例によって格闘シーンがいろいろあったが、かなりハードなもので臨場感いっぱいだった。ただ、クライマックスで三枝が撃たれ刺されているにもかかわらず、相手をやっつけるところ、すべてが終わった後、普通なら気絶して倒れてしまうようなところでも、その手を振りながら救急車にも乗せてもらえず歩くシーンなど、あまりに現実離れしているところが腑に落ちなかった。また26Fにばらまかれた猛毒のヘロンをどうやって回収したのか、あまりにも簡単に処理されてしまったのが、不可解だった。・・そういうところは、どうでもいいのだろうか!? 一方では12年前の車の施錠を鍵穴に入れて掛けたり、二つ折りの携帯を使っているなど、細かい表現があるのに、他方大事な部分でこんな大雑把な展開にしているのかが、よくわからない。大体、あの謎の殺し屋たちの素性は何なんだ!?
そしてラストシーン、過去を書き換えたので時空を超えて存在していた大山と三枝たちが会えることになったが、その間を一台の車が通り過ぎると大山は消えてしまった!? 明らかに続編を用意している、との伏線だ。
映画を観るとどうしても、あれはどうだったのか、とか、どうしてこんな風になったのか、とか、疑問に残ることが多いが、今回もまたあら探しではないが、納得できないことがいろいろあった。ともあれ久し振りに大画面の映画を観て、エンタメを二時間堪能できた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    最近は、映画、みていないですね。テレビなしの生活、40年以上でなおかつ、映画館に行っていないこのごろ、。最後にみたのは、、さよなら寅さん、かな?ここに紹介されたような激しい映画は、、、ちょっとパスで、まして、SF的要素にはついて行けない、、爺さんです。田中邦衛さんもなくなり、北の国からが好きだった私は、寂しさを味わっています。それにしても、ジャンル、守備範囲広いですね!
    2021年04月07日 07:55
  • argo

    芝刈り爺さん、こんばんは。
    ・・なことはありません。映画は大画面で大きな音で観る、というお楽しみです。
    ただ、作りものなのだから、納得して観終えたい、と思っているのですが、時折り
    え、なんで?とか、これはどうなの?とか疑問が生まれると嫌になります。
    細かいところをしっかり作ってもらわないと、興覚めになってしまいます。
    2021年04月07日 23:07