谷川岳

画像
厳冬期の谷川岳でこれほどの晴天もなかなかない。関越の渋滞、17号の通行止めも解消したので、当初の予定を変えて谷川岳に向かった。

画像
これだけ天気が良くても、平日だけに天神平も人は少ない。すぐに天神尾根に向かって、シール登高を開始する。まずは稜線までのアルバイトだ。

画像
ここからの谷川岳の眺めは素晴らしいの一言。そして白毛門もまた青空に映える。まずは鞍部に下る。

画像
疎林の稜線を登り始める。雪は適度に踏み固められていて、トレースもしっかりしている。いつもの岩場は雪が沢山着いていて、スキーを脱がずに越えることができた。

画像
熊穴沢の避難小屋はポールのみ雪から出ていて、ここに合宿した人たちがたむろしていた。みなボーダーばかりだ。見上げる稜線の彼方に、何人かの先行者が見える。

画像
次第に俎嵓方面が競りあがってくる。幕岩あたりの様相は迫力がある。国境稜線の山々も美しく光っている。

画像
天狗の腰掛まで来ると、西黒沢の大斜面が大きく広がる。マチガ沢もよいが林道歩きを敬遠して、今日は西黒沢と決めている。ただし、何ヶ所か亀裂が見える。

画像
天神尾根は広く広がって、肩の広場に向かっている。天神尾根のザンゲ岩を過ぎると傾斜が増す。ここからは西黒尾根の方へトラバース気味に行くと楽になる。

画像
ひと登りでマチガ沢ドロップポイントに到着。シュプールが一本刻まれている。雪はしっかりしていて、落ちそうもない。雪面が美しく、誘われる。

画像
最後のひと頑張りでトマの耳に到着。大展望を見ながら一服する。まるで春山さながらの上天気に腰が重くなるが、スキーをデポしてオキの耳へ向かう。

画像
雪稜は雪が締まって歩きやすい。アイゼンなんか要らない。オキの耳に突き上げる東尾根の雪稜にはトレースが一本見えた。夏でも開放感溢れる尾根であるが、冬は更に素晴らしい雪稜だ。

画像
トマの耳に戻ると、学生達の団体が狭い山頂に集まり、マチガ沢を覗いている。そういえば、スキーで登っている人は見当たらない。いつの間にか、山ボーダーが主流になりつつあるのか・・。

画像
その滑りを見物しようとしていたが、待ってもなかなかドロップする人がいない。人の楽しむところをずっと待っていても仕方がないので、勢いよく西黒沢に落ちていく。

画像
この大斜面は何とも言えない。天狗の腰掛まで一気に滑り降り下部の状態を見る。日を受けて雪が緩んでいるところもありそうだが、雪面に落ちている雪はない。

画像
思いきって、急斜面に飛び込む。雪面を切ると流れるところもあるが、大丈夫そうだ。尾根をまたぎながら滑降を楽しむ。スキーが重いのでターンがよく決まる。

画像
程なくしてシュプールだらけのところに出て、傾斜が緩んだ。もう雪崩は怖くない。あとは緩斜面になった西黒沢を田尻沢合流点まで大きくスラロームを描いて下る。

画像
堅くなった田尻沢コースを跳ねながら下りきると、土合口に到着。僅かな時間だが、山頂からかなりの距離を滑降できて大満足。また来るぞ !!



"谷川岳"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: