板が戻って来た

スキー.jpg所用があってスポーツショップの近くまで出かけたので、チューンナップに出してあったスキー板を5ヶ月振りに回収して来た。シーズン常用のGot BACKとSCOUTだ。

Got BACKはシーズンインの時にいきなり石を踏んだ。その後も荒っぽい使い方をしたので、かなりギダギタになってしまっていた。ただラッキーなことに、傷は浅いものばかりだったので、滑走面はまっさらに直って帰って来た。お気に入りのSCOUTは、いつもの倍の料金を払った。傷んだ滑走面はどうなったろうか・・、ドキドキしながらチェック。すると深くえぐれたところも埋めてあり、荒れた滑走面は見事に回復していた。まだまだ使えそうだ。

シーズンインのころや終わりのころに使うと、どうしても板を痛める。今年は注意したい、とは言っても実際に滑走に入ったら大きな石はよけたとしても小さなものまで気にしてはいられない。ガッ!!というショックを快く受け止めてやる(そんなはずはない!!)。今年は6月の白馬大雪渓が致命的だった。早速保護用のワックスを剥がして、準備を整えた。あとは降雪を待つだけだ。果たして、今年はいつシーズンインとなるのだろうか。

"板が戻って来た"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: