双眼鏡ケース

Nikonの5㎝7倍の双眼鏡は名機だ。すでに30年くらい使っているが、いつも素晴らしい見え味を示してくれる。重さはあるが慣れてくれば、ほぼブレのないスタイルで観望できる。対物レンズ付近を持ち接眼部を眼窩に置いて覗くのがコツ。7倍という手ごろな倍率が星空を引寄せてくれる。

ケース.jpgところが、そのケースが劣化して表面がボロボロになって来ていた。一度、カバン類の修理を専門に扱っている工房を訪ねたが、これは直すのは不可能だということであった。クリアラッカーなどで全体を塗装でもすれば、何とかなるかと思ったりしたが、素人考えは上手くいかないのが常、そのままになっていた。

暮れの忘年会で秋に購入した安価な双眼鏡のことを話題にしたら、年明けに友人から問い合わせがあった。やり取りをする中でAmazonのページを見ていると、同じ5㎝7倍のトロピカル用のケースが4,040円で出ていた。持っているボロボロのケースと違って黒色だが、問題なく使えるはずなので得意のポチリを実行したら、1日で届いた。早速入れ替えてみると、再び新品のようになった。またケース右下のNikonのロゴマークが印刷だったので、以前のケースから金属のマークを剥ぎ取り移植すると、見事に甦った。これでしばらくは、安泰だ。

"双眼鏡ケース"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: