マスク

これまでマスクなんて大嫌いだったから、ちょっとくらいの風邪でもマスクをすることなどしなかった。しかしコロナ感染が広がりを見せ始めた去年からは、マスクは手離せなくなった。ただ、山の中ではマスクはしない。たまに擦れ違う登山者がマスクをしていることもあるが、滅多に人とすれ違うこともないので感染には程遠いと思っている。ところが、このマスクを山頂周辺の藪に捨てる人がいる。先月も鳴神山に登ったとき、バリエー…

続きを読む

コロナワクチン

コロナワクチンの接種予約に関しては、市報に載っていて近く接種券が届く旨知らされていた。3日前、郵便で接種券と接種予約の知らせ等が届いた。昨日、08時半から予約受付というので、PCやら電話で予約にこぎつけようかとトライしたが敢え無く撃沈した。何かのコンサートチケットの購入よりも狭き門であるから、殆んど冗談だったがこうも繋がらないとは、恐れ入った。6月末には高齢者には行き届くと言っているが、こうした…

続きを読む

胃検診

春は健康診断のとき。今月はまず胃検診、来月はドック入り。昨日、胃カメラの検査をした。4年ほど前にドックでバリウムを飲んだら、ちょっと・・ということで、胃カメラの検査となった。するとピロリでだいぶ、胃の内壁がやられているということで、まずピロリ菌の除菌を行いそののち経過を見ましょう、ということで先生の言葉に従って対処して来た。除菌はスムーズに進み、その後胃内壁は回復して来た。ピロリ菌の除菌によって…

続きを読む

美しい涙

数日前、日本選手権で池江璃花子選手が100mバタフライで優勝した。決勝に残った時点で、これは優勝するな、と思ったが、50の折り返しではまだトップには出ていなかった。しかしターンをしてすぐさまトップに出たかと思うとそのまま逃げ切った。本当にそんなことになるとは思わなかった。矛盾しているが信じられないことだった。 申し訳ないが、白血病という病気は半端な病気ではない。入院し加療・手術を経て退院、少し…

続きを読む

さくら

古賀志山南面にはいずれ、一大桜の里を作る計画があるという。この町には孝子桜をはじめ多くの桜の木があってこの時期にはあちらこちらで満開の桜を見ることが出来る。大きく伐採された箇所に少しずつ植樹が行われているが、今後桜も植えられるのだろう。今年もまた、いつものサクラを見に出かけてみた。古賀志山を背景に大きく枝を張った姿が見事だ。雲が多かったが、暫く待っていると雲の隙間から太陽が顔を出して、サクラに光…

続きを読む

セツブンソウを育てる

朝一でセツブンソウの様子を見に行くと、種らしきオレンジ色の粒が周囲に落ちていた。拾ってみると15粒あった。まだこぼれ落ちていない種があるので、種の準備は大丈夫そう・・。初めてのことになるが、植物を種から育ててみようという気になっている。そんな気持ちになるなんて、なんだか父に似て来た。ネット検索をしてみると、種からセツブンソウを育てることができるらしい。いったいどうやって育てるのか全く分からないが…

続きを読む

庭の春

我が家の庭にあるカイドウの花が咲いた。残念なことにツバキのうしろに隠れるようにあるので目立ちにくい。淡いピンク色をした花はサクラに似ている? いや似てないか・・、とても目に鮮やかだ。手入れも何もしていない庭だが、見渡すとボタンの大きな花が咲いていた。その手前に、過日直植えを行ったセツブンソウから何やら実のようなものが出ているのを発見した。種だろうか・・。また戴いたサクラソウが、つぼみを持ち始めて…

続きを読む

大関再奪取

照ノ富士のことを書いたことが確か二度あった。最初に書いたのは6年前、逸ノ城が出て来て騒がれていたが、あのタイプはだめだと踏んでいたところに、ググっと頭角を現したのが照ノ富士だった。白鵬全盛に五分に戦える力士はこれしかない!! と思った。筋肉質で大きい身体、とにかく力が強い印象にすぐに横綱かと思いきや、大関に上がった後、怪我に見舞われ力なく負ける相撲に、いつの間にか視界から消えてしまった。どうなっ…

続きを読む

帰って来たプリンター

修理に出していたプリンターがプリントヘッドの交換という、最悪の結果(修理費用の点)で戻って来た。互換インクをずっと使っていたので、・・かなぁ?と思っていたがその通りだった。本体の半分くらいかかってしまったが、次はさらにその上の機種を狙っているので、ここは大人しく部品交換で我慢した。折角直って来たので、いつもお世話になっている山友にちょっとした写真を届けようと額を買いに行った。ところが予定していた…

続きを読む

月と桜のコラボ

満開の山桜に、月齢4の月。コンデジ手持ちズームなので、こんな感じにしか撮れなかったが、満開のヤマザクラの隙間に月齢4の月が見えた。手持ちでなければ地球照も写し込めたに違いない。このように春の月の姿は水を貯めやすい形になっている、ので雨の季節がやって来るのだ、と聞いたことがある。

続きを読む

槍ヶ岳薄影

この冬は晴天が多かった。きっとこれまでにもチャンスはあっただろうが、単に槍ヶ岳を見るだけでなく、春分が近づいて来て日没と槍ヶ岳のコラボが楽しめる時期がやって来た。この日、ひと仕事を終えてのんびりしていると晴れの天気はまだ続いていたので、慌てて屋上で日光連山の姿を見てみるときれいなシルエットになって見えていた。そこで、雲の様子をネットで調べてみると、群馬県から長野県・岐阜県と雲がないように見えたの…

続きを読む

加速する春の訪れ

東京や京都の観測史上最速の桜の開花が発表された。温暖化は進む一方だ。救いは日本海側にはまだ降雪があり、今年はかなり積雪が増えているらしいこと、ただ気温の高まりには注意が必要だろう。雪崩のニュースが届いている。 そんな中、三月半ばというのに、ショウジョウバカマが咲いていた。やや背が低いようだが、まぎれもない。白花もあった。夏の初めの北アルプスでよく見かけたものだったが、こんなところに・・。今度は…

続きを読む

昨日のこと

昨日、朝起きると前日の雨はすっかり上がって青空が見えていた。屋上に上がってみると案の定、再び雪をかぶった日光連山が見えていた。早速カメラを持ち出して撮影。どうせ束の間だろうが、冬景色の日光連山だ。その後いいお天気に誘われて、カワヅザクラを見に行って来た。風が強く吹いていた。すると、ザゼンソウも咲いていた。去年も同じころに見かけたように思う。

続きを読む

プリンター

ときどき、気に入った山の写真が得られるとプリントして楽しむ。トイレには月1くらいで新しい写真を貼るボードを設置して、コメント付きで飾ってある。今回も過日の金精沢の写真をプリントして飾ろうと思った。プリンターは、ずっとキャノンのPIXUSシリーズを使っていて、すでに四台目だ。プリンター本体は家電製品としては決して高いものではないが、それに比べて純正インクが異常に高い。だから、インクメーカーの互換イ…

続きを読む

取 説

何か新しい物を買っても大概は説明書を読まず、即いじってみる、というのがいつものやり方。ましてや、車と言えば大体がみな同じで何をどうすればどうなるなんてことは、長年車に乗っている人なら分かるものだ。ところが、今度の車は普通に走るだけであれば問題ないが、自宅の車庫に入れるときには相当の緊張感を強いられる。というのも様々な運転支援対策が施されているため、狭い車庫に際どく入れる際にセンサーが作動してピー…

続きを読む

観念した!!

三年振りに先々週から都合三回歯医者に通った。通称歯のクリーニング、というわけだ。歯磨きはお風呂の中で、かなり時間をかけて入念に行っている、つもり・・。それでも歯石が溜まる。寒くなって12月、左下の歯が冷たい水に凍みる様になった。朝起きると最初に口をゆすぐのだが、朝の水は凍みるのでお湯を出さねばならなく面倒だった。ところが1月下旬になって突然凍みなくなった。でもちょっと不安であるし、気になることも…

続きを読む

たびラン

 "ふらっとあの街 たびラン10キロ" というBSPの番組があって、毎週録画予約をしてあり録画が溜まると観ている。昨日は録画してある中の東京から新宿へのたびランを観た。懐かしい西村知美さんがたびランナーだった。聞くところによると、彼女フルマラソンを何度か完走しているという。TV界からはすでに引退しているのかと思ったら、そうでもなかったらしい。思い起こすと、東京に最後に行ったのはもう6年も前になる…

続きを読む

野次馬

足利の両崖山らで山火事が起きていてなかなか消えない、というので、ちょっと見に行った。とはいっても、足利の東端の越床峠付近からであり、ネットニュースにあったような非難される野次馬とは違う。曇り空の下ではっきりとは認めにくかったが、確かに両崖山付近に煙が上がっていて、その北側一帯が薄い雲のように煙がなびいており、赤城山がその上に浮かんでいるような景色が見えた。ヘリコプターの爆音が聞こえ、見ていた時間…

続きを読む

侵入者

階段で何やらコロンコロン、という音。慌てて階段に行ってみると、階段下を素早く移動する黒っぽい影が見えた。人のようにも見えたが、動きがあまりに早かった。各部屋は締っていて、階下へ降りると廊下から茶の間そして食堂・台所が直線状の動線。声を少し荒げて、誰だ!? と進む。誰もいない、しかし、しっかりとその姿を見た。誰か、何かいる!! 身構えて食堂まで進む。いない・・。すると、台所の窓の桟に猫が一匹。近づ…

続きを読む

勝ったよ!

大坂なおみ選手が全豪オープンで優勝した。凄いことだと思った。これまで全米でも優勝しているが、世界ランキング1位になった後、不調になり試合中にイラつきを見せたり、冷静さを欠いて負けることもあった。正直言って、人前でラケットを放り投げるなんて、我が儘だなぁ、と思ったりした。しかし、そうしたことも踏み台にして強くなっていることを実感した。テニスはひと試合が長く、自分の性には合わないので試合の全部を見る…

続きを読む

壊れたデータ

デジタルの世界にどっぷりと浸かっている現在だが、そんな中にも落とし穴がいくつもある。過日赤薙山に出かけた折りも例によってバシャバシャ写真を撮って来たが、帰って来てカメラのSDカードからPCにデータを移行させ開くと、ナント撮影を始めた最初から53コマが見られなくなってしまっていた。この間90分ほど・・。この日は新月の二日前で、キスゲ平に到着した夜明け前の東天には肉眼で見える限界の細い月が昇って来て…

続きを読む

日没前の虹

久し振りに荒れた天気になったが、急速に回復するというので手ぐすね引いていた。すると、17時過ぎ太陽の光がかなり低いところから射して来た。慌ててベランダに出てみると、虹が出ていた。直ぐにカメラを取り出して、屋上に上りシャッターを切る。見事な二重になっていた。虹は基本的に二重に出るものだが、普段意外に気づかず、たまにくっきりと出ると二重だ、と騒ぐ。いつも二重なんだよ!! 金色の夕陽に照らされた町と虹…

続きを読む

星野の里に・・

ポカポカ陽気に誘われて、星野の里を訪れた。もう終わりかと思ったロウバイが、まだ沢山花をつけていた。その後ろには紅梅の花が目を惹いた。またマンサクの花も咲いていた。そしてお目当てのセツブンソウ、自生地としては北限と言われている。まだ咲き始め、といった感じではあったが、あちらこちらに可憐な花を見つけることができた。そしてこれは? ミツマタのつぼみらしい・・。フクジュソウも・・。

続きを読む

庭のセツブンソウ

里山に咲くセツブンソウはまだだが、友人の自宅で育てているというセツブンソウが咲いたというので見に行った。ひと鉢レンタルする、と言われ有難くバケツのような鉢を戴いて来た。山で見かけるのはポツポツ程度なので、イメージとしては小さな鉢に・・という感じを持っていたが、小さな鉢に植え替えたらと進言したら、それはだめだという。枯れてしまうそうだ。意外にデリケートなんだね。11年前の3月、伊吹山で見かけたセツ…

続きを読む

潜むミスタッチ

日常のスナップ用のG7XⅡも使い始めて丸3年になる。画質その他使い勝手と満足している。ところが、これまでに間違った操作でISO感度がAUTOから設定感度になっていたことが二度ある。先日も梅の花を撮影している最中に、近接撮影をするためマニュアルフォーカスにセットした時、誤ってその下にあるMENUボタンを押してしまったらしく、その際感度設定の項目が最初の画面になっていて触ってしまったようだ。いつの間…

続きを読む

梅の花と補修作業

1月末に一輪咲いた梅も、すでに多くの花をつけている。このところ連日強い風が吹いているが、立春を過ぎてひだまりは暖かく春を感じざるを得ない。注意していると近所の庭先にも春の花を見つける。深夜電力利用の温水器はブロックで囲いをしてあるが、天井部は波型のポリカボードで囲ってあるだけで、何十年も前に父が手作りしたものだから劣化が進んでいる。以前台風のときに、かなり傷めつけられその後補修を施したが、きちん…

続きを読む

節 分

毎年節分の日には、前年のだるまやお正月の締め飾り・破魔矢・お札などなどを近くの神社に出かけてお焚き上げをお願いしている。以前正月過ぎに八ヶ岳に行ったとき、美濃戸口からの帰り道、茅野市郊外でこうしたものを集めてこれからいわゆるどんど焼きを始めようとしている現場に遭遇したことがあった。ちょうどそのための広場みたいなところに人々が集まっていた。そこは神社などではなかったと記憶しているが、直感的にどんど…

続きを読む

車用クリーナー

毎年年間2万kmくらい走っているので、車はよく汚れる。しかし、車の掃除は大好きだから大抵いつもきれい。そんな車掃除で一番厄介なのが、シートやフロアマット周辺などの細かいゴミ取り。家の駐車場に近い部屋からコードを延ばして掃除機で吸い取るのだが運転席側はいいが、助手席側になるとシートを跨いで手を延ばすのが難しい。そこでガムテを使って、ゴミをくっつけて取り除くのだが、これがまたなかなか難しい。やはり掃…

続きを読む

期待した雪の朝

天気予報を聞いて、暫らく振りのまとまった雪を期待していたが、早朝目が覚めて耳を澄ませるとポタッ、という雨粒がベランダの床に落ちる音が聞こえてがっかりした。雪になるほどの気温の低下がなかったのだろう。温暖化や暖冬といった言葉が横行する最近の冬、暫らくまとまった雪も降っていない。平野に僅かでも積もるほどの雪が降ると様々な障害を生んでいいことはないのだが、雪の朝の青空の下、屋上から眺める家並みや家の周…

続きを読む

一輪ほどの暖かさ

数日前から庭の梅につぼみが付いているのを見ていたが、昨日一輪のみだが咲いた。翌日には開くと思われるつぼみがあと3つあった。確実に春が近づいているのだが、微妙な気持ちになる。まだ1月中であり、これから2月の本当の冬を迎えるのだから、そんなに急がないで欲しいという反面、寒さに弱い自分としては、早く暖かさを感じられるようになるといいな、とも思っているからだ。この梅の木の向こうには、落葉したモミジの赤い…

続きを読む