アクセスカウンタ

STRAIGHTWALL

プロフィール

ブログ名
STRAIGHTWALL
ブログ紹介
突然、毎日の活動や心の動きなど、身の回りの様々なことを書き
留めて残しておきたいと思い、このブログを始めました。

過ぎ行く日々を真直ぐ歩いて行きたい、それがテーマです。
世の中にはこんな人がいて、こんなことを考えたり、こんなことを
経験している、ってことを少しだけ、ご紹介したいと思います。


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
双子座流星群
双子座流星群 極大は14日15時と聞いていた。できれば、極大後の派手な流星、或いは長経路の流星を捉えたかったが、 天気の具合を察すると13-14日の方がよさそうだったので、昨夜の出動になった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/14 03:46
笹の原
笹の原       赤薙山の笹原はなかなか見事である。とくにこの時期は笹も黄葉して黄色くなり、透明感のある       冬の青空と見事なまでのコントラストを示す。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/13 16:23
ひだまりの仙人ヶ岳
ひだまりの仙人ヶ岳 久し振りの山会合。冬枯れの仙人ヶ岳を案内した。この山も低山にしては、多くのルートを持ちバリエーションを 楽しめる。今回は松田川ダムから正面に見える知ノ岳を目指し、稜線を北に進んで仙人ヶ岳に登り、野山林道へ 一気に下りてしまう、という周回コース。風が冷たく、日差しを拾いながら出発。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/12 21:34
吹雪の前の赤薙山
吹雪の前の赤薙山 前回の降雪に初スキーをとも思ったが、キスゲ平の情報ではまだ無理と判断した。このあと十分な降雪が 見込まれるので、その前に黄色くなった笹の原を見に赤薙山に登った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/11 20:01
双子群の思い出
双子群の思い出 12月半ばの夜空を飾る双子座流星群。学生のときから月のない年には、決まってどこか暗いところへ出かけて係数観測や写真撮影を行っている。流星はほぼ瞬間的な現象なので、観測には空が暗いことが大きな要素になる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/12/10 21:24
届けられた本
届けられた本 今日、琵琶湖に隣接する町に住んでいる友人から一冊の本が送られて来た。それは『びわ湖・ブライアンの目』とタイトルされたものだった。帯には、八ヶ岳倶楽部で知られるナチュラリストの柳生博さんのコメントが寄せられていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/09 23:49
植物の強さ
植物の強さ 今年は7月に植木屋さんに入ってもらい、かなり剪定をしっかりやってもらったので、落ち葉の数も少ない。とはいえ、毎日朝雨戸を開けに庭に出てみるとそれなりの落ち葉があり、数日ごとにはかき集めてゴミ出しの日に出している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/08 11:17
滝・二題
滝・二題       大滝ルートの見せ場は、この滝だ。秋冬でも水量は変わらず見事な姿を見せている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/07 00:33
鳴神山
鳴神山 前夜の雨、しかし朝から快晴の予報だったので、霧の発生が予測されたが、まさにその通りになった。 町は早朝から濃霧に包まれ、車を走らせるのをためらった。霧が晴れて、9月以来の鳴神山に出かけた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/06 06:20
小さな紅葉
小さな紅葉       庭の小さな木の葉が紅葉した。以前鉢植えにしてあったものをそのまま庭に植え替えたものだ。       本当は鉢植えのまま紅葉して欲しいと見守ったが、去年はダメだったので春に植え替えした。       鉢は玄関に置いてあるので、気温の低下が庭ほどにならない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/05 00:02
大小山逍遥
大小山逍遥 冬の透明度は富士山は勿論のこと、奥日光の山々そして浅間山、さらに八ヶ岳の姿をも見せてくれる。 関東平野から丘陵に入る最も南端に、足利の大小山がある。30年くらい前には随分通った低山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/04 06:19
冬の朝の楽しみ
冬の朝の楽しみ 今年も平野の真ん中から八ヶ岳が見える季節になった。初めてこれに気付いたのは、もう40年も前のことだ。埼玉県東部の町に住んでいたとき、冬の日の朝仕事に向かう道すがら車窓から西に見える秩父の山並みの傍に雪をかぶった山が見えることに気づいた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/03 08:13
最大岩峰
最大岩峰 おそらく古賀志山塊全体で最も大きな岩峰と思われるのが、この岩峰である。南面から見ると西の赤岩山から降りて来て、登り返しが始まるところにあるピークだ。正確には二段になっている稜線上に突き出た岩峰で、切れ落ちたバッドレスが南面に垂壁の岩肌を見せ、その基部には小さな尾根が登って来る。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/02 05:01
行く秋を追う
行く秋を追う       すっかり以前の面影を無くしてしまった古賀志山南面の登山口周辺。去り行く秋を追いかけて、       いまだ居残る紅葉を求めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/01 00:18
キターッ!!
キターッ!!       例年、12月の初めに真っ赤になるこの楓の木、今年は少し早い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/30 00:04
盛る、盛り上がる
盛る、盛り上がる 若かりし頃の人々との会合の夜。30数年前に舞い戻る。その時々はとても深い印象を刻まれた日々。しかし、その後の30数年に蓄積された印象は、次第にかつての記憶を薄めて行く。記憶に残る様々な出来事、そして様々な人々の名。確かに聞いたことがある、記憶の底に埋まっている。けれども、敢えて掘り起こすことはやめよう。自然に浮かび上がってくることだけでよし、としたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/11/29 19:18
水漏れ
水漏れ 台所の水道の蛇口から水が漏れ始めて一ヶ月くらいになる。大したことがなかったのでそのままになっていたが、最近になってお風呂に水を入れ始めると圧力がかかるのか、水漏れはひどくなるようになった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/28 12:48
伊藤新道
伊藤新道 録画してあった山小屋特集番組に三俣山荘のご主人が『伊藤新道』を再生したい、とする話があった。『伊藤新道』にはかつて、84年8月に足を踏み入れたことがある。この時は、目的が赤牛岳だった。赤牛岳は遠い山であった。黒四ダムから平ノ小屋へ向かい、奥黒部ヒュッテに出る。ここから読売新道を赤牛岳へと向かうのがその後の展開を面白くするように思えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/27 20:32
渓 谷
渓 谷       小戸川沿いの登山道を行くと、大きくカーブするところに四段になって落ち込む滝がかかり、深い       谷を刻んでいる。谷の縁に沿った登山道は、谷の壁をへつるようについていてこのルートで唯一       谷のダイナミズムを感じる場所である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/26 07:23
惜秋の山
惜秋の山       紅葉も終わりだが、登山口近くでは名残りの赤が覗いていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/25 08:02

続きを見る

トップへ

月別リンク

STRAIGHTWALL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる