STRAIGHTWALL

アクセスカウンタ

zoom RSS テント

<<   作成日時 : 2017/06/19 06:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2


画像最近は宿泊を伴う山行は殆どしていないし、したとしてもツェルトの利用が専らになっているので、持っているテントを張ることなど皆無になっていたが、ちょっとしたことで久々にベランダで張ってみた。
山を始めてしばらくして、テントの購入に踏み切ったが、これぞと入手したのは、高田馬場のカモシカスポーツオリジナルであったエスパースだった。画像ドーム型テントの先駆けであり、防炎加工はされているものの初期型のためポールは7本に分割されているグラスファイバー製の棒をつないで使うもので、途中のつなぎ目から外れ易く、建てるのには慣れも必要であった
画像
購入は77年のことだから、ちょうど40年になる。その後、ツェルトはいくつか使ったが、テントはこれオンリーである。

77年には購入してすぐ、5月に燕岳から蝶ヶ岳まで残雪を踏んで歩いたが、その折り燕山荘の前とこの蝶槍の先で幕営した。乗鞍岳・霞沢岳を背に夕陽を浴びて、残雪の上の幕営は、気持ちの良いものだった。

また、8月には槍の北鎌尾根の偵察で、穂先から北鎌に下降したが、そのときには穂先の基部に幕営した。たまたま、落石をよけられそうな大きな岩の根元にひと張り分のスペースを見つけることが出来た。そこには遭難プレートが張り付けられていて、緊張した一夜を過ごした。いずれも懐かしい思い出であるが40年間ひと張りでやって来たのも驚きである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日帰りのザックだけでも結構重いので、テントまで担いで・・・という気にはなかなかなれませんが、実は憧れていたりもします。
ただ、最近は熊はもとよりイノシシなども増えているそうなので、山でもテント宿営地のような所でないと危ないのでしょうね?
最後の写真は・・・上から落石がなくてよかったですね〜!
宮星
2017/06/26 10:58
宮星さん、若い時はテントやツェルト利用で5日分を2日で
やったりしていましたが、もうやりません。

北鎌の幕営ですが、写真ではわかりにくいと思います。後ろの
大きな岩はこちらにかぶっていて、多分上からの落石は防げる
と判断したのです。ちょっと微妙でしたね。
argo
2017/06/30 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
テント STRAIGHTWALL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる