STRAIGHTWALL

アクセスカウンタ

zoom RSS 男体山

<<   作成日時 : 2017/07/17 02:18   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0


画像

      日の出直後の中宮祠前の駐車場には2台の車が停まっているだけだった。


画像

      新装されたトイレの脇から山に入る。石の階段を登り切ると一合目の石標。


画像

      登り一辺倒の樹林の中には、いまだ朝陽は届いて来ない。


画像

      気が付かぬうちに二合目を過ぎ、三合目の車道に出る。


画像

      四合目の鳥居まで登ると、いよいよ本格的な男体山の登りになる。


画像

      深くえぐられた登山道をグイグイ登り五合目の小屋に至る。ここからは中禅寺湖が俯瞰できる。


画像

      小気味よく高度を稼ぎ、迂回路に入る手前で六合目。


画像

      初めて男体山に登ったころにはなかった迂回路。これを抜けると岩の積み重なった登りになる。


画像

      七合目の小屋を過ぎれば更に傾斜が増して来るが、足下は快調だ。


画像

      やがて鳥居をくぐり八合目の小屋に出る。ようやく頭上の木々に朝陽が当たり始めた。


画像

      ここまで登ると、まもなく岩の道は終わり火山灰の緩やかな登りに変わる。


画像

      途中から100分切りを目指したが、給水や写真撮影に手惑いタイムロスをした。


画像

      森林限界を抜け、最後の赤い火山灰ロードを頑張れば、山頂鳥居だ。


画像

      そして、ついに爽やかな風吹く男体山山頂に至る。ピカピカの刀剣が朝陽にキラリ。


画像

      100分切りはならずとも自己ベストを更新。まぁまぁかな、と満足して四方の展望を満喫。


画像

      富士山は見えなかったが、素晴らしい展望を得て下山。次第に雲が湧きそうな気配だった。


画像

      下り始めて九合目あたりで、トレランの人が登って来た。挨拶も返さず登って行く人を見て、必ず
      追って来るとみたので、こちらにも火が付いた。


画像

      岩道の下りは要注意だが、スピードを落とさぬようにガンガン下る。登山者も増えて来た。


画像

      3回ほど話しかけられ立ち止まったが、ほぼ休みなしに下山。追いつかれることはなくニンマリ。
      こういう馬鹿な闘争心がいつまで続くのか、内心楽しみにしている。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男体山 STRAIGHTWALL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる