アクセスカウンタ

STRAIGHTWALL

プロフィール

ブログ名
STRAIGHTWALL
ブログ紹介
突然、毎日の活動や心の動きなど、身の回りの様々なことを書き
留めて残しておきたいと思い、このブログを始めました。

過ぎ行く日々を真直ぐ歩いて行きたい、それがテーマです。
世の中にはこんな人がいて、こんなことを考えたり、こんなことを
経験している、ってことを少しだけ、ご紹介したいと思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
 金星と星 
 金星と星     しばらく気に留めていなかったら、いつの間にか金星は明けの明星になっていた。天気予報の通り、透明度のよい朝だった。    気になったのは、金星のすぐ上に光っている星。この感じはもしや水星?と思いきや左上にやや黄色っぽい明るい星がある    ではないか!?春の大曲線だ。この季節になると、明け方には春の星座が昇って来るんだ。今更ながら、感心した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/14 19:50
 27年目の追悼 
 27年目の追悼  前述のように、デビューから解散までリアルタイムにファンであったが、バンドの成り立ちやフレディの生い立ちなど私生活については当時何も知らなかった。映画ではそうした一端を知ることになる。ジム・ハットンの著書ではフレディ人生の最後のところがよく書かれていて、荒んだ生活が生々しかった。映画ではそうした哀しい事実は軽く流していたが、それでも十分こちらに伝わって来るものだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/13 18:04
 『ボヘミアン ラプソディ』 
 『ボヘミアン ラプソディ』  待っていた映画だった。・・『ルンルンあさ6生情報』という番組だったか、日テレの朝の情報番組の先駆け的な番組の中で、ある日突然フレディ・マーキュリーがエイズであることを公表したというニュースが流れた。すると翌日、同番組でフレディの死が伝えられた。全くそんなことを知らなかったので、相次ぐニュースに驚くと同時に唖然としたことを覚えている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/12 00:52
 大小山に・・ 
 大小山に・・     上天気に誘われて石段を登り山へ入る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/11 00:02
 映画の記憶 
 映画の記憶  『ボヘミアン ラプソディ』が公開された。Queenは自分で見つけたバンド、という気持ちでずっと見守って来た。コンサートにも複数回出かけたし、レコードも沢山揃えた。この映画は、Queenとくにリードヴォーカルのフレディ・マーキュリーにスポットを当てた映画であり、ぜひ観たいと思っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/10 00:10
 低山にも秋が来た 
 低山にも秋が来た      低山にも秋の訪れが感じられるようになった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/09 00:13
 八ッ峰上部とナナカマド 
 八ッ峰上部とナナカマド  前日の白い樺の木の写真をスキャンするとき、同時に同じネガの別のコマのスキャンがなされていた。その中で、八ッ峰上部の岩峰群と三ノ窓雪渓そして赤く染まったナナカマドを入れたショットが目を惹いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/08 00:08
 北方稜線の煌き 
 北方稜線の煌き       今週になり、月初めの晴天から一転して天気の悪い日が続いてしまっている。終日雨になってしまうと、家に閉じこもって      しまうが、たまたまHDに入っていた98年10月の北方稜線の写真を見ているとそのひとコマに目が止まった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/07 00:07
 お気に入りサイフ 
 お気に入りサイフ  仕事から離れて暫らく経つ。毎日変えていた腕時計もいっさいつけない。カードや様々入って膨れた財布も持たなくなった。このところは、豪州に出かけたときに買った三つ折りサイフで、いかにもお土産らしいものを使っていた。しかし、ずっとこればかりを使っていたので、さすがに劣化してこの間チャックが壊れた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/06 00:06
 新しい尾根道 
 新しい尾根道  新たなる峰を求めて古賀志山北面の山域に再び入った。先月末に踏査した尾根のすぐ北側の尾根の踏査をしようという試みだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/05 00:07
 筑波山 
 筑波山  暫らく振りに筑波山に行った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/04 00:13
 高原山 
 高原山  高原山へは日塩道路から入るのがポピュラーなのだろうが、釈迦ヶ岳林道からのルートを夏にやって気に入ったので紅葉時期はどうだろうと目論んでいた。10月下旬になって晴天が続くようになって来たタイミングで、再び釈迦ヶ岳林道に向った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/03 00:20
 鶏頂山から釈迦ヶ岳、そして日光連山 
 鶏頂山から釈迦ヶ岳、そして日光連山  西平岳と中岳の間には赤茶色のガレ場が100mほど ある。この吹きっ晒しの赤茶色の火山砕屑物には霜柱が多数みられた。展望は西方の雲に隠れた男体山から赤薙山・女峰山、その右に雪をかぶった日光白根山が遠望され、また鶏頂山と釈迦ヶ岳の稜線は壁のように立ちふさがっていた。そして釈迦ヶ岳の山頂部には白く光る霧氷が見られた。それは見事な秋色の大パノラマである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/02 00:32
 今年の紅葉 
 今年の紅葉  とはいっても、毎年の様子がどうであるか、などと詳しく分析しているわけではない。山は8月末には何となく緑の中に黄色が入って山肌の色の変化を感じる。それが9月・10月と日を追って色合いを増してくる。紅葉は気温の低下に伴って起こるというが、日々の進行に合わせて気温の低下は当然であるから、何もせぬうちに自然に緑々した木々の葉が、黄色や橙色、そして赤色へと変わって行く。 ところが、その間に台風が何度も通り過ぎる。これが曲者だ。今年は何度も台風が上陸・襲来して、葉を落としてしまった。とくに白樺や岳樺の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/01 01:11
 旧栗山村・月山 
 旧栗山村・月山  霧降高原から赤薙山に登って行くとき、振り返ると裾野の広い高原山が雄大な姿を見せる。と、その手前に栗山ダムが2つの山を従えて見える。その右手に見えるのが月山、左手が夫婦山だ。気が向いたので秋の日和に、両者を一度に、という予定で出かけた。ところが夫婦山の登山口を見落として栗山ダムに出てしまった。ここから月山の登山口へ急ぐ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/31 00:07
 金精山からの展望 
 金精山からの展望      金精山の頂上からは湯ノ湖や日光連山が一望できる。西に傾いた陽を浴びた山々が浮かび上がり、見事な景観を見せる。     冬場は金精トンネルが閉鎖されるために、金精峠から金精山に登る人は殆どいないようだが、この冬にはぜひこの山頂に     立ってみたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/30 00:38
 酒席歓談 
 酒席歓談  退職の直前、わざわざ挨拶に来てくれた彼は、その後就職して乗用車の内装を手掛けている。トヨタ系の企業なので、初め愛知に赴任したが、その後宇都宮そしてこの9月に大宮へと転勤した。前々から一度一杯!! と、話していたが先月、10月会合を決めそれが実現した。久し振りに電車に乗り出かけて行くと、とても元気そうな姿を現した。会社はきちんと土日は休める、というので安心だ。いまの時代、仕事によっては休みが殆どないようなこともあるから、休日が確保されていることは健康を保つ上の第一歩だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/29 00:24
 翡翠の滝 
 翡翠の滝  武尊山に登った日、武尊の北側を通って戸倉に出た。この道は初めてであったが、素晴らしい紅葉の道であった。とくに途中から見られた渓谷美が素晴らしく、何度も車を停めることになった。帰宅して確認すると『照葉峡』と呼ばれる渓谷であることが分かったが、その途中渓谷にかかる美しい滝を認め撮影した。車の往来の中でゆっくりと狙うことは出来なかったが、その美しさが再現できたろうか・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/28 00:36
 夕暮れの金精山 
 夕暮れの金精山  秋の日のつるべ落とし、という。14時を回り陽は西に傾きかけていたが、金精トンネルから金精山を目指した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/27 00:47
 早すぎた!! 
 早すぎた!!  睡眠十分で、予定時刻よりも大幅に早い出発になった。当然、日の出前に登山口に到着した。車の中で時間をつぶしたが、外が明るくなって来たので出発することにした。GPV気象予報では、谷川は午後にならないと晴れそうもなかったが、武尊は早い時間に雲が切れる、と踏んできた。しかしあてが外れ、晴れて来たのは下山を始め稜線を外れて暫らく経ってからだった。それでも、紅葉の森の中を歩く気分は最高だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/26 14:30

続きを見る

トップへ

月別リンク

STRAIGHTWALL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる