高松新ルート開拓

同じルートも飽きて来たし、バリエーションを求めていつもの一床山への取り付きの手前、沢を渡らず右手の森に突入して行く。緩い傾斜の疎林だが、あちらこちらに蜘蛛の巣が張られていて、何度も引っ掛かる。棒切れを持って振り回しながら登っていても手が戻る前に蜘蛛の巣に引っ掛かるのだ。手を動かすよりも足を動かす方が早いようだ。しばらく登ると、沢状のガレキの登りになる。これを登り、何となく左手の杉林の中に入って行…

続きを読む

去り行くレンゲショウマ

9日のレンゲショウマは5輪も咲いていて、最後と思われたつぼみがひとつ残っていたが、その後の姿を、ということでもう一度見に出かけた。今回はかねてよりレンゲショウマに興味を持っていたという友人を誘った。一週間を経ているのでどうか、と思ったがやはり咲いていた5輪ともすでに花はなく、花びらを落とした残骸だけがそこにあった。花の終わりは寂しいものだ。 しかし最後と思われた…

続きを読む

アカボシゴマダラ

先日、いつものように低山徘徊をしていると、ピーク手前のガレ場にアカボシゴマダラが飛翔して来た。去年初めて見たのだが、アゲハ蝶に似たような翅に赤い斑点が特徴的であまり見かけない蝶なのでピンと来た。特定外来生物に指定されていて、在来種のゴマダラチョウと競合して影響を与えるらしいと懸念されているようだ。調べてみると、1995年に浦和で最初に発見されたが、これは一過性でその後神奈川県を中心に関東全域に広…

続きを読む

栗拾い

昼間の暑さも落ち着き、陽が落ちるとすっかり気温も下がって過ごしやすくなっている。夏のブドウが終わると梨の季節、そして山に行くと山栗が落ちている季節になった。毎年拾いに行く山へ入ると、期待通り緑々したイガの山栗が落ちていた。しかし、地元の人が拾ってしまったのか、とてもたくさん落ちていた一昨年にはその数及ばず、散見されるくらいだった。それでも、それ用の袋を持って行った袋がいっぱいになるまで拾うことが…

続きを読む

比 較

過日の白根山周回では、国境平周辺の様子を冬場と比較してみるために、シャクナゲの藪を漕いだ。雪があるのとないのとでは随分様子が変わって来る。スキー滑降のドロップポイントの冬の様子と今回の様子、またドロップポイントからの湯元方面の展望の冬と夏の違いを比較してみたい。撮影期日は今年、冬場は3月3日、夏場は9月9日だ。 毎回中央付近の右に曲がった木の下をくぐって滑走するのだが、冬しか見たことがなかった…

続きを読む

天寿全う・・

先週末、少し暑さが凌げた夜、気が付くと自分の部屋のエアコンの送風が何やら生ぬるい気がした。停めても暑くなかったので、そのままにしていたが、その後改めてスイッチを入れてみても、変わらず生ぬるい風、しかも異臭もする。近所の電気屋さんに来てもらうと、ガスが抜けて全くないという診断。我が家のエアコン6台中で、最も長寿を誇っていた39年前に購入した霧ヶ峰、突然壊れた。今年はいつもの年より酷使して来た。数日…

続きを読む

アップデート

去年の3月に購入したガーミンのGPS、確か去年の8月末に地図のアップデートの通知が来てすぐに更新したが、今年もまた一昨日アップデートの通知が来たので、早速最新版に書き換えた。マイクロSDカードの中に地図情報が入っているのだが、見てみると市街地の情報も詳しくなりコンビニアイコンまで入っていた。平地で使うつもりはないが、車のナビに匹敵するので、山だけじゃなく使えるというわけだ。 自分の足跡が記録さ…

続きを読む

白根山頂パノラマ

白根山周回での中間地点は白根山頂になるが、11日07時30分頃の山頂からの展望だ。パノラミックに撮影したので、超横長で結果としては記事内では細部までよく見えないが、写真だけを取り出して見ると個々の山々の姿を確認することが出来る。勿論富士山も・・。正面の男体山方面が東になるので、南側に雲が湧いて来ているのがよくわかる。

続きを読む

朝陽を浴びた日光白根山

朝も早いと、五色沼にはまだ陽が差さない。白根山の雄姿を捉えるなら、むしろ前白根の手前から前白根を入れて白根隠、さらに皇海山までをパノラマに納めるのがいい。ということで、そんなパノラマを撮ってみた。皇海山の後ろには富士山が見えていたが、ちょうど木立に隠れてしまった。今回の白根山の詰めは、うねうねとした正規登山道の右を森林限界から直登した。傾斜があるので時間的にはとんとん、ただワイルドな草付きルート…

続きを読む

奥白根山周回ルート

今年はまだ登っていなかった日光白根山に行って来た。奥日光の天気が安定せず敬遠していたが、午前中限定なら大丈夫そうだったので、早朝夜明け前からの登山を試みた。湯元から前白根を経て白根山、弥陀ヶ池に降りて五色山に登り返し、国境平から中ッ曽根を下って湯元に戻る、という定番ルートだ。 日の出が05時過ぎなので、それに合わせて出発。久し振りにヘッドランプを点けての出発だ。気温は13℃、肌寒い。金星が高く…

続きを読む

続 レンゲショウマ

その後のレンゲショウマを確認したい、ということで、また見に行った。もう終わっているかな、と不安があったが、5輪咲いていた。株はふたつしかなく、もうひとつの株は、花は終わっていて、つぼみがふたつあった。しかしそのうちのひとつは、傷んでいた。あとは、最後のひとつぼみがちゃんと咲いてくれるか、である。上の方のふたつの花を捉えた。終わった花の残骸がいっぱいあった。この株には、計5輪の花が咲いていた。下の…

続きを読む

PC選び

PCは基本的にデスクトップPCを使っているが、この他にノートが三台ある。ひとつはWin7、ほか二台はXPだ。どれもがもう殆ど使えない。XPは両者ともVAIOで、20年くらい前の代物だが当時としてはそこそこのハイスペックモデルだった。しかしもはや使えない。いや使えないこともないのだが、そんな気にはなれないものだ。実はこれを天文用に使おうと考えていたのだが、実際問題となると古いPCではアプリケーショ…

続きを読む

新しい花

すでに花の時期が終わってあとは種を取るだけかな、と思っていたアサガオが昨朝、またひとつ咲いた。時期的にはもはやアサガオの季節ではないがどうしたものだろう。種の入ったふくろがいくつも出来ている状態にも拘わらず、新しい花、面白い。種を直播して棒を刺しただけなのに、楽しませてくれた。来年もやってみよう。

続きを読む

台風に翻弄

台風10号が九州を襲っている。小さな日本列島と言えども、九州と北海道とでは随分気候の様子をはじめとして様々な実態が異なる。その間にある関東は、中間的な場所ということでいろんなことが平均的な感じがする。台風然りで、勢いのある状態で関東直撃というのは、あまりない。しかし九州は沖縄を含めて、気の毒なほど台風の猛威にさらされている。今年は7月の熊本豪雨もあり、まだまだ復旧が十分でないところに台風が次々と…

続きを読む

西尾根の頭から・・

朝から暑かったが快晴の空が広がっていて、これはちょっと山に出かけたいな、と大小山西尾根をピストンした。カッとした厳しい日差しに汗が噴き出したが、吹く風が心地よく西尾根の頭では30分近くも山頂の憩いを楽しんだ。この山は東面からの登路が一般的だったが、先年各方面からの道が開かれた。西側に行くには、アプローチに少し時間がかかるが、気持ちの良い尾根が延びていて、軽いトレーニングには絶好だ。とくにこの西尾…

続きを読む