霧降高原道路から・・

霧降高原キスゲ平に向かうとき、霧降の滝を過ぎて直線が終わり右にカーブすると、左手にこんな景色が現れる。右の赤い屋根のペンションらしき建物がアクセントになっているこの山岳景観は大好きな景色の一つだ。この景色のさらに左手には男体山が見えるが、敢えて入れることもない。女峰山を中心とする豪快な山々と赤屋根で十分だ。

続きを読む

赤薙山滑降

このところの天気予報は、一日にのうちでも大きく変わってしまう。前夜所用があって準備が出来ず、また早寝も出来なかった。案の定、目覚ましで起きたのは覚えているが、また寝てしまった。着替えをしてスキーの調整をしてシールを張る。若干心配だったけれども、大事なものは確認できたので、車に飛び乗り何とか夜明け前に出られた。しかし、キスゲ平に到着した時にはすでに太陽が高く登っていた。新雪が眩しくサングラスの忘れ…

続きを読む

ひょんなところに・・

山登りをやっていて、各地のライブカメラの利用価値は高い。毎日チェックしているライブカメラの中に丸沼高原スキー場のものがあるが、白根山の積雪量や天気をリアルタイムで知ることが出来る。また霧降高原・キスゲ平のツイッターも大きな情報源だ。キスゲ平では、大抵午前中に写真付きでツイートがなされる。毎日ではないのが残念だが、この時期だと付近の積雪の様子などが分かるのでとても重宝している。ずっと続けて欲しいも…

続きを読む

大小山の未踏部

80年代後半、同僚の紹介で一時よく通っていた大小山。25年くらいのブランクを経てこのところまた大小山に出かけるようになった。良い天気に誘われて早朝から望遠レンズを持って出かけた。お目当ては先日の八ヶ岳だったが、この日は風もない穏やかな日和で、地平線付近には靄が漂い富士山も良く見えなかった。代わりに東面を向いている大小山の主稜線を撮影してみた。大小の文字の掛かる崖は結構迫力ものだ。 いつもの東南…

続きを読む

だるま

毎日雨戸を閉めに行くころ、といえばあたりが薄暗くなってきたころ・・。それが12月のころに比べて明らかに遅くなって来ていることに気づく。4時半ではまだ明るい。それもそのはずで、いまの頃は毎日1分くらいずつ日の入りが遅くなり、日の出時間が早くなる割合よりもずっと大きい。そんな中、年明け恒例の初市が行われていた。しかしさる方の宇都宮市の初市の様子を綴ったブログを見ると、比較にならないほどの小規模な初市…

続きを読む

冬来たりなば、春遠からじ

登山口で車を置いて一歩。あたりにはあの独特の香りが広がっていた。満開のろうばいだ。 春霞の中、山頂から望む富士山。雲が湧いてその姿を隠そうとしていた。 パラグライダーの発射台からスカイツリーが見えた。飛行機が飛んでいる。 下山すると、こんな草?を見つけた。

続きを読む

八ヶ岳 望岳

冬季限定の望岳、八ヶ岳が平野から見えるようになった。R50を走るとふいに浅間山が見えるところがある。ところがそれとは違う姿の白き峰々が、過日山に向かう道すがら見えた。急遽道を外してよく見えるところへ移動し、カメラを向けた。時間が遅くなっていたしコンデジ望遠なので、くっきりとした姿ではなかったが懐かしい八ヶ岳の姿を捉えることができた。

続きを読む

熊鷹山の眺望

熊鷹山からの眺望は素晴らしいが、パノラマにした。北西側には赤城山や浅間山も見えるが角度が広すぎてしまうので、袈裟丸山から赤薙山までを収めた。午後になり雲が湧いていた。午前中の早い時間であれば、また違った展望が得られるだろう。白根山だけ雲の中だ。 また振り返って、南側の平野の方向を眺めてみると、山並みの彼方に筑波山が見えた。頭上は快晴だったが、周囲には雲が湧いていた。

続きを読む

熊鷹山

去年の夏、まるでヒルヶ岳の如くヒルにやられ、しばらく敬遠していた熊鷹山に行って来た。大戸川沿いの林道の通行止めが続いていて、白ハゲルートが使えないので、林道入口に車を置いて小戸川沿いに歩き始めた。台風の影響が残っていないか、少し気になった。 もっと行けそうに思ったが、車で来てもここまでが限界。この先の道は大きくえぐられていて四駆でも難しいかも知れない。もともと深い溝があり、いっとき保全がなされ…

続きを読む

大谷川から日光連山

大谷川から見上げる冬の日光連山。この景観は四季を通じて見事な眺めだが、雪を纏う冬には特にスケールの大きな展望が得られる。赤薙山から女峰山、そして小真名子・大真名子山へ続き、志津の鞍部から男体山へと連なる稜線が迫力の冬姿を見せる。まだ夜明け前の時間であるが、高い山の頂には陽が射し始めていた。果してこのあと、山々はモルゲンロートに燃えたろうか・・。

続きを読む