M51

画像
望遠鏡がM82を捉えた夜、ついでに大熊座のη星の側にあるM51にも鏡筒を向けた。時間の関係で120秒3コマだけだったが、これをコンポジット処理をしてみた。

まだまだ露出が少なく十分ではないが、子持ち星雲の様子はとてもよくわかる。画像処理は奥が深く、簡単なコンポジット処理でもこれくらいにはできる。

街中でしかも3等星が見えるかどうか程度の夜空しかない我が家であるが、このちょっとした画像処理を使って遠征なしでも捉えられる系外星雲などに挑戦してみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック