トラペジウムの秘密

画像
懸案にしていたトラペジウムを撮影した。オリオン座大星雲の中心部はかなりの明るさがあり、これを普通のレンズで捉えると中心付近は完全に露出オーバーとなり、中心のθ星はその中に埋もれてしまう。

画像
これを避けて四重星を浮かび上がらせるには、アイピースによる拡大撮影しかない。ところが、アイピースをかますとピント位置が外に出るのでドロチューブが引き出され、そこにカメラを取り付けると、ドームの壁との間に頭がやっと入るだけしか隙間がなくなってしまうのだ。

画像
アングルファインダーでもあればよいのだが、生憎持っていない。苦労しての撮影となったが、淡い星雲の中にトラペジウムが浮かび上がった。もう少し改善の余地がありそうなので、次回またチャレンジしたい。

ただこんな写真でも、もうひとつの目論見が見出せたのは大きな収穫だった。それは ・・・、見る人が見るとワカル。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック