夕焼け 


画像夕方に車を走らせることは少ないが、先日山の帰りに国道を西から東へ車を走らせていると、ジャストのタイミングで日没時と重なった。当日は終日晴天が続き風もなく気温も上昇、翌日もまずまずの晴れの予報が出ていた。

車は東に向かっていたので初め気が付かなかったが、17時を過ぎるころになって渋滞中の前方の車の金属部が赤く反射し始めたので、バックミラーに注意して見ると、まさに走って来た道の向うにいまや沈まむとする太陽が映った。すかさずカメラを取り出して、バックミラーに映っている夕陽を撮影した。夕焼けは何も海だけのものではない。

朝焼けもそうだが、夕焼けの『赤』というのは、何かジンとしたものを与えてくれる。そしてこの光は、地上のいろいろなものを赤く染める。太陽の他の光にはない選ばれた色である。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック