結束バンド 


画像愛用のSCOUTのビンディングはG3のION。過日の旭岳で左のヒールのクライミングサポート部が損傷した。どういう具合だったのか、知る由もないが下山してその後の山行で初めて気づいた。

クライミングサポートは、斜面の傾斜によって二段にサポート部の高さを変えることができるのだが、それぞれにクリックが利いて勝手に動かないようになっている。ところがクリックをかけるスペーサーのようなものが欠落してしまっていて歩行の際、板の動きでサポート部がバランバランと動いてしまいヒールの高さがその都度変わってしまうのでスムーズな歩行ができなくなった。

そこで前山行では、初めブッシュの細い枝をスペーサー代わりに突っ込んでみた。しかし数歩歩くと用を足さなくなった。そこで一計を案じた。緊急時の対応小物をザックの中に忍ばせてあるのだが、こんなときに結束バンドが活躍した。二段のサポート部をひとつにまとめてしまい、末端を滑降モードのヒール固定用のピンにひっかけた。これでサポート部がバラバラに動くことを食い止め、歩行の安定が甦った。緊急対応の小物は医薬品や替え電池などだが、この結束バンドは使い道がいろいろあって重宝する。我ながら名案であった。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック